INTRODUCTION>>>CURRICULUM2

カリキュラムの構成

1年次は、数学、物理学、化学などの自然科学や、哲学、歴史学、心理学などの人文科学、外国語など、基礎教養科目を学びます。

2年次より、建築に関する本格的な専門教育が開始されます。建築を理解する上で基礎となる建築史やデザイン論をはじめ、建築を物理的に成立させている構造力学や環境工学について学びます。また、オリジナルのデザインを要求される建築設計製図の課題も始まります。

3年次は、より専門的かつ高度な建築関連科目の講義や演習があります。構造デザイン、建築基礎構造、熱・空気・音・光環境や法規等について学びます。さらに、こうした後半な知識を統合して実践するためのものとして、建築設計課題があります。3年次は約半分の時間が建築設計課題に充てられます。

4年次に入ると、高度な専門分野について研究する研究室に配属されます。ほとんどの時間は、所属する研究室の教員が指導する下で、卒業論文や卒業設計の作成に充てられます。これらは、4年間の学習・研究成果の総まとめとしてとても重要なものです。

カリキュラム構成
カリキュラム構成2(JPG508KB)>>