LAB>>>ARCHITECTURE & URBAN DESIGN

都市・建築デザイン学講座
|都市デザイン学分野
「縮小・成熟」というパラダイムに対して,「都市や地域の最適な環境,さらにはその構築の基礎となる様々な原理の枠組みがどのように変わっていくのか」を探り,来たるべき時代に備える必要がある。本分野では,次世代社会モデルにおける都市や地域,建築の在り方を研究し,提案していくことを目指している。
|建築デザイン学分野
時代を変えていく,形態,空間構成,機能,構造を検討しつつ,現代美術や映画などの諸分野との関係も視野に入れながら,新しい建築デザインについて研究する。またコンペを通じた建築の潮流も分析の対象としていく。
|都市・建築理論分野
デザインの動向に大きな影響を及ぼした建築理論や都市論を歴史的な視点から分析し,新しい時代を切り開く言説のあり方を考察する。また展覧会や雑誌などのメディアを通じた建築の表現も実践的に研究を行う。
|ITコミュニケーションデザイン学分野
現代において,様々な情報技術を用いたコミュニケーションの拡大によって可能となる,都市や建築の新しい使い方をデザインし,人々がもてる力を存分に発揮しあえる環境を構想し,実装することを目指している。
|プロジェクトデザイン学分野
現代の都市・建築のデザインは,従来の単なるハードウェアを扱う設計作業を超えて,様々な技術を組み合わせ,一つのプロジェクトとして社会の中に位置づける最適化技術という様相を呈し始めている。本分野では,エネルギー問題など,都市や建築を巡る諸技術を統合的に捉え,生活環境をデザインする人材の育成を目指している。

教員紹介はこちら>