LAB>>>STRUCTURAL ENGINEERING FOR ARCHITECTURE

建築構造工学講座
|インセンティブ防災学分野
インセンティブ防災学は,最適化理論に基づき制約条件下での被害を最小にする防災対策を検討する新しい学問。地震・地盤震動研究,構造物−地盤系の地震応答性状の研究をベースに,地域の地震・地盤環境と社会環境を考慮した最適な防災対策・耐震対策を研究する。
|リアルタイム地震防災学分野
最新の地震観測・情報伝達技術に基づき,リアルタイムに得られる地震・地震動や建物被害の情報を用いた地震被害低減のための研究を中心に進めている。個別テーマは(1)地震ハザード(2)構造物への入力地震動(3)地震動・被害分布の即時推定(4)地震発生直後の被害低減。
|最適減災技術分野
免震構造、制振構造などの構造制御技術に関する研究を通して、都市・建築の耐震性能高度化に寄与する研究を行っている。具体的には、構造物の変形レベルや地震動の周波数特性に応じて制御性能を可変とする革新的振動制御装置の開発や、それらの装置を設置した建物の地震時挙動を実験的にシミュレーションする技術の開発を国際共同研究枠組において実施している。
|防災性能評価学分野
建築構造物の耐震性能評価や地震リスク評価が一般的に行なわれるようになってきていることに加えて,都市の防災性能評価や性能規定型まちづくりの考え方が重要になっている。防災性能評価学の構築により都市の地震リスクの合理的な軽減が可能となる。
|災害情報学分野
大規模災害発生時に適切な減災行動が可能な地域社会を目指すために,過去の教訓や,災害発生時に得られるネット社会の情報,そして正確な地震観測や津波観測,構造モニタリングなどから得られる高度センシング情報などを融合した減災対応が可能な支援情報の研究を行っている。具体的には,災害発生直後の被害推定に関する研究や災害対応のための意志決定支援情報の研究などを行っている。

<戻る

教員紹介はこちら>