平成28(2016)年度リカレント教育・公開講座

「建築構造における最新の設計法〜外力に対する建物の保有性能の考え方〜 」

2011年の東北地方太平洋沖地震,2016年の熊本地震のような巨大地震では,建築構造物に甚大な被害をもたらしました。 前者は広域にわたり長時間の震動,後者は特定の地域にごく短期間に複数回の震動を生じており,地震動の複雑さと多様さを示したものでした。 一回目の地震動では耐えたものの,2回目,3回目の地震で倒壊したケースがあった。 従来の耐震設計では,許容応力度設計をベースにした保有水平耐力設計・塑性設計であるが,これらは一方向(単調)外力によるものであり,これらの地震による被害を想定したものではない。 本講義では,最新の地震工学・建築構造工学の知見を動員しつつ,未来の耐震設計のあるべき形を示すものである。

■日時:2016年8月4日(木)8:50-17:50
■場所:東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻
    人間・環境系 教育研究棟 建築第一講義室(102室)
■時間割及び講義要目:詳しい講義項目はこちら>>
 8:50-10:20 「地震荷重と地震被害」
講師:源栄正人教授
10:30-12:00 「建築物の風応答と風荷重評価」
講師:植松康教授
13:00-14:30 「鉄筋コンクリート造構造物建築物の耐震設計の最新の動向」
講師:前田匡樹教授
14:40-16:10 「鋼構造建築物の許容応力度設計から許容変形設計へ」
講師:木村祥裕教授
16:20-17:50 「構造設計の新しい視点」
講師:金箱温春氏(金箱構造設計事務所 代表取締役,工学院大学特別専任教授,東京工業大学連携教授)
■受講料:2,000円
■申込方法:平成28年8月2日(火)締切
      受講申込書に必要事項を記入の上、所定の受講料を添えて、
      下記の申込先宛に郵送または直接持参してください。
      東北大学青葉山キャンパスセンタースクエア中央棟
■申込先:東北大学工学部・工学研究科教務課大学院教務係(工学部中央棟3階)
     〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-04