LAB>>>STRUCTURAL ENGINEERING FOR ARCHITECTURE

建築構造工学講座
|構造安全システム学分野
小規模構造物から大空間構造に至るまで様々な構造物およびその部材の耐風性能評価および耐風設計手法の開発,台風・竜巻・ダウンバースト等による強風災害の予測と低減対策,地上風の予測手法の開発と強風被害低減への応用,など,風と都市・建築に関わる様々な開発研究を行っている。
|性能制御システム学分野
地震などの荷重・外力に対して安全・安心で快適かつサステナブルな建築構造物を実現するための性能評価法,設計法,また,新材料・新構法や構造システムに関する様々な研究開発を行っている。鉄筋コンクリート造を中心に国内外の地震災害や防災対策,リスク評価など都市全体の問題も扱う。また,CLTをはじめとする中大規模木造建築構造の開発にも取り組んでいる。
|適応設計工学分野
都市災害に対する被害の低減を合理的に図る建築構造技術・耐震・耐津波設計法の研究開発を行っている。具体的には,都市における構造物および構造物群の耐震・耐(対)津波性能設計法および修復コスト最適化アセスメントに関する研究や,社会的に重要な建築ストック(例えば歴史的建造物など)の構造性能評価および最適補強法に関する研究を行っている。
|材料・構法創生学分野
構造物(特に,鋼構造)の長寿命化と環境保全,耐震性能の向上を目指し,革新的な構造材料や柱・梁接合工法を用いた新しい構工法の開発,設計法の提案として,例えば構造物の倒壊を防ぐための柱脚機構の開発と設計法の提案や,エネルギー吸収性能に優れた制振構造及び大空間構造の合理的な設計法の開発・研究を行っている。

次へ>

教員紹介はこちら>