氏名:高橋典之 (たかはしのりゆき)

1976年4月生まれ

出 身: 北海道札幌市
所 属: 東北大学大学院 工学研究科 都市・建築学専攻

=== 略歴 ===

1995年03月 筑波大学附属駒場高等学校 卒業
2000年03月 東京大学 工学部建築学科 卒業
2002年03月 東京大学大学院 工学系研究科建築学専攻 修士課程 修了
2005年03月 東京大学大学院 工学系研究科建築学専攻 博士課程 修了

2005年04月-2007年03月 東京大学生産技術研究所 基礎系部門 助手
2011年10月-2012年03月 首都大学東京 都市環境学部 非常勤講師
2007年04月-2013年03月 東京大学生産技術研究所 基礎系部門 助教
2013年04月-            東北大学大学院 工学研究科都市・建築学専攻 准教授


=== 学位 ===

2005年3月(平成17年3月) 東京大学大学院 工学系研究科建築学専攻 博士(工学)


=== 研究業績 ===

学位論文
博士論文:鉄筋コンクリート建物の長期的耐震修復性能に関する研究 2005年3月
修士論文:鉄筋コンクリート建物の耐震修復性能の評価手法に関する研究 2002年3月
卒業論文:供用期間履歴エネルギ吸収型損傷モデルによる修復性能評価システム 2000年3月

論文
三富皓介,高橋典之:ピロティ形式RC造構造物に作用するコンテナの漂流衝突力時刻歴モデルの開発,コンクリート工学年次論文集,Vol.44,No.2,pp.19-24,2022年7月[PDF]

近藤達也,高橋典之:RC造構造物の剛性低下および強度低下が地震応答に与える影響に関する検討,コンクリート工学年次論文集,Vol.44,No.2,pp.79-84,2022年7月[PDF]

八百坂僚祐,梅林舞,高橋典之:RC造建物に敷設された軽量鉄骨下地間仕切り壁の施工方法に応じた地震修復経費評価,コンクリート工学年次論文集,Vol.44,No.2,pp.103-108,2022年7月[PDF]

石橋詩織,高橋典之:ひび割れが進展するRC部材のひずみ分布を考慮したひび割れ幅推定手法の検討,コンクリート工学年次論文集,Vol.44,No.2,pp.127-132,2022年7月[PDF]

松田純輝,高橋典之:RC部材におけるひび割れ後引張ひずみ分布を考慮したひび割れ長さ推定に関する基礎的研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.44,No.2,pp.847-852,2022年7月[PDF]

高橋賢作,高橋典之,千田紘之:RC部材に生じるひび割れの自動分類と地震損傷評価に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.44,No.2,pp.961-966,2022年7月[PDF]

松田良介,岡崎太一郎,長江拓也,松宮智央,高橋典之,神崎喜和,福井隆浩,飯嶋俊比古,桐山義郎,梶原浩一:外壁パネル付大型ユニットハウスの耐震性能を検証する振動台実験,日本建築学会技術報告集,Vol.28,No.69,pp.679-684,DOI:10.3130/aijt.28.679,2022年6月

梅林舞,高橋典之,千田紘之,長江拓也,岡崎太一郎,松宮智央,梶原浩一,中澤博志,神崎喜和:画像処理とモニタリングを用いた間仕切壁のフラジリティ評価に関する基礎的検討,構造工学論文集,Vol. 68B,pp.261-270,DOI:10.3130/aijjse.68B.0_261, 2022年4月

千田紘之,高橋典之,山田朋幸:2021年福島県沖の地震による被害調査への深層学習活用型画像診断システムの適用および実用化のための基礎的検討,構造工学論文集,Vol. 68B,pp.1-8,DOI:10.3130/aijjse.68B.0_1, 2022年4月

山田朋幸,高橋典之,千田紘之:木造戸建住宅を対象とした地震被害調査の深層学習による自動化技術に関する研究,日本建築学会技術報告集,Vol.27,No.67,pp.1578-1583,DOI:10.3130/aijt.27.1578,2021年10月

高橋典之,佐藤圭裕:鉄筋コンクリート造文化財建造物の構造性能劣化度指標に関する考察,コンクリート工学論文集,Vol.32,pp.59-71,DOI:10.3151/crt.32.59,2021年7月

鶴岡七海,高橋典之,崔琥:鉄筋コンクリート造建築物の耐浪性診断における前駆地震動の影響に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.43,No.2,pp.7-12,2021年7月[PDF]

石橋詩織,高橋典之:鉄筋コンクリート梁部材におけるひび割れ近傍のコンクリートひずみ進展に関する考察,コンクリート工学年次論文集,Vol.43,No.2,pp.97-102,2021年7月[PDF]

高橋賢作,高橋典之:損傷発生時期を考慮したRC部材の地震ひび割れ画像診断,コンクリート工学年次論文集,Vol.43,No.2,pp.853-858,2021年7月[PDF]

Hiroyuki CHIDA, Noriyuki TAKAHASHI: Study on Image Diagnosis of Timber Houses Damaged by Earthquake Using Deep Learning, Japan Architectural Review, Vol.4, Issue 3, pp.420-430, DOI:10.1002/2475-8876.12221, Mar. 2021

佐藤圭裕,高橋典之:RC造建築物の経年劣化が構造性能に与える影響の評価,構造工学論文集,Vol. 67B,pp.19-30,2021年3月[link]

耳塚友貴,高橋典之,櫻井真人:RC造壁部材を対象とした簡易損傷量推定手法に関する研究,構造工学論文集,Vol. 67B,pp.31-38,2021年3月[link]

王一哲,高橋典之:画像処理を用いたRC壁部材のひび割れ幅分布特性の評価,日本建築学会構造系論文集,Vol.86,No.781,pp.481-489,DOI:10.3130/aijs.86.481,2021年3月

Kumpol Saengtabtim, Jing Tang, Natt Leelawat, Wanit Treeranurat, Narunporn Wisittiwong, Anawat Suppasri, Kwanchai Pakoksung, Fumihiko Imamura, Noriyuki Takahashi, Ingrid Charvet: Predictive Analysis of the Building Damage from the 2011 Great East Japan Tsunami using Decision Tree Classification Related Algorithms, IEEE Access, Vol.9, pp.31065-31077, DOI:10.1109/ACCESS.2021.3060114, Feb. 2021

Zenghui MIAO, Xiaodong JI, Taichiro OKAZAKI, Noriyuki TAKAHASHI: Pixel-level multi-category detection of visible seismic damage of reinforced concrete components, Computer-Aided Civil and Infrastructure Engineering, Vol.36, Issue 5, pp.620-637, DOI:10.1111/mice.12667, Feb. 2021

鶴岡七海,高橋典之,崔琥:津波外力時刻歴を考慮した既存RC造建築物の耐浪性診断手法に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.42,No.2,pp.31-36,2020年7月[PDF]

石橋詩織,高橋典之,根本結衣:鉄筋コンクリート梁部材のひび割れ進展過程におけるひずみ分布に関する考察,コンクリート工学年次論文集,Vol.42,No.2,pp.163-168,2020年7月[PDF]

耳塚友貴,王一哲,高橋典之,櫻井真人:修正圧縮場理論とひび割れ幅分布特性を用いたRC造壁部材の簡易損傷量推定手法,コンクリート工学年次論文集,Vol.42,No.2,pp.337-342,2020年7月[PDF]

王一哲,耳塚友貴,千田紘之,高橋典之:画像解析によるRC部材のひび割れ幅分布特性の計測に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.42,No.2,pp.673-678,2020年7月[PDF]

高橋賢作,高橋典之,千田紘之:RC部材の地震損傷画像計測のための撮影環境に関する考察,コンクリート工学年次論文集,Vol.42,No.2,pp.895-900,2020年7月[PDF]

佐藤圭裕,高橋典之:RC造建築物の経年劣化による構造性能の低減に関する考察,コンクリート工学年次論文集,Vol.42,No.2,pp.1165-1170,2020年7月[PDF]

片貝勇介,高橋典之:歴史的建造物の経済性能評価における復元力特性の影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.42,No.2,pp.1231-1236,2020年7月[PDF]

Kshitij C. Shrestha, Takayoshi Aoki, Mitsuhiro Miyamoto, Phuntsho Wangmo, Pema, Jingyao Zhang, Noriyuki Takahashi: Strengthening of rammed earth structures with simple interventions, Journal of Building Engineering, Vol.29, pp.1-10, DOI:10.1016/j.jobe.2020.101179, May 2020

Noriyuki TAKAHASHI, Yusuke KATAKAI, Takayoshi AOKI: Optimal Structural Restoration of Historic Building in Japan Considering Life-cycle Seismic Loss Analysis, Japan Architectural Review, Vol.3, Issue 3, pp.284-297, DOI:10.1002/2475-8876.12151, Apr. 2020

千田紘之,高橋典之:深層学習を用いた地震被災木造住宅の画像診断システム構築に関する基礎的研究,日本建築学会構造系論文集,Vol.85,No.770,pp.529-538,DOI:10.3130/aijs.85.529,2020年4月

野々山優輔,長江拓也,岡崎太一郎,松宮智央,高橋典之,梶原浩一,中澤博志,御子柴正:繰り返し変形に伴う合成梁の剛性劣化挙動に注目した数値解析,日本建築学会技術報告集,Vol.26,No.62,pp.153-158,DOI:10.3130/aijt.26.153,2020年2月

Kshitij C. Shrestha, Takayoshi Aoki, Takaaki Konishi, Mitsuhiro Miyamoto, Jingyao Zhang, Noriyuki Takahashi, Phuntsho Wangmo, Takumi Aramaki, Noboru Yuasa: Full–Scale Pull–Down Tests on a Two–Storied Rammed Earth Building with Possible Strengthening Interventions, RILEM Bookseries 18, pp.1557-1565, DOI:10.1007/978-3-319-99441-3_167, 2019

Anawat Suppasri, Kwanchai Pakoksung, Ingrid Charvet, Constance Chua, Noriyuki Takahashi, Teraphan Ornthammarath, Panon Latcharote, Natt Leelawat and Fumihiko Imamura:Load-resistance analysis: An alternative approach to tsunami damage assessment applied to the 2011 Great East Japan Tsunami, Journal of Natural Hazards and Earth System Sciences, 19, pp.1807-1822, DOI:10.5194/nhess-19-1807-2019, Aug. 2019

鉢呂友惟,高橋典之:建築構造物に作用する津波外力時刻歴モデルの開発に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.41,No.2,pp.19-24,2019年7月[PDF]

耳塚友貴,高橋典之,櫻井真人,佐藤真俊:修正圧縮場理論と幾何学的部材変形によるRC造壁部材の簡易損傷量推定手法,コンクリート工学年次論文集,Vol.41,No.2,pp.403-408,2019年7月[PDF]

根本結衣,高橋典之:コンクリートひび割れ近傍ひずみ計測におけるデジタル画像相関法適用に関する考察,コンクリート工学年次論文集,Vol.41,No.2,pp.805-810,2019年7月[PDF]

片貝勇介,高橋典之:混合構造歴史的建造物の経済性能評価型耐震改修における価値評価手法に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.41,No.2,pp.1207-1212,2019年7月[PDF]

千田紘之,高橋典之:深層学習を用いたコンクリート基礎および外装材の画像診断,コンクリート工学年次論文集,Vol.41,No.2,pp.1315-1320,2019年7月[PDF]

鶴岡七海,高橋典之:津波避難ビル指定のための既存RC造建築物の耐浪性診断手法に関する検討,コンクリート工学年次論文集,Vol.41,No.2,pp.1339-1344,2019年7月[PDF]

佐藤圭裕,高橋典之:RC造文化財建築物の経年劣化を考慮した構造性能劣化指標に関する考察,コンクリート工学年次論文集,Vol.41,No.2,pp.1351-1356,2019年7月[PDF]

Anawat SUPPASRI, Kwanchai PAKOKSUNG, Ingrid CHARVET, Noriyuki TAKAHASHI, Teraphan ORNTHAMMARATH, Fumihiko IMAMURA:New Building Damage Assessment Method based on Numerical Tsunami Simulation and Analytical Force Estimation: Case Study of the 2011 Tohoku Tsunami,Journal of JSCE B2(Coastal Eng.), Vol.74, No.2, pp.I_451-I_456,DOI: 10.2208/kaigan.74.I_451, Nov. 2018

大貫かほり,高橋典之:多層RC造建築物の津波漂流物衝突に対する構造性能評価,コンクリート工学年次論文集,Vol.40,No.2,pp.13-18,2018年7月[PDF]

鉢呂友惟,高橋典之:開口数の異なる建築構造物に作用する津波波力に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.40,No.2,pp.19-24,2018年7月[PDF]

山本拳大,高橋典之,西脇智哉:RC造梁部材に設けたUHP-FRCC埋設型枠が架構の構造性能に与える影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.40,No.2,pp.49-54,2018年7月[PDF]

片貝勇介,高橋典之,青木孝義:歴史的建造物の耐震改修を考慮した経済性能評価に基づく要求スぺクトル,コンクリート工学年次論文集,Vol.40,No.2,pp.835-840,2018年7月[PDF]

周 塬,高橋典之:実大RC造架構の地震時部材損傷量簡易推定手法に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.40,No.2,pp.853-858,2018年7月[PDF]

根本結衣,高橋典之:画像相関法によるひずみ計測に基づくRC部材ひび割れ進展過程における載荷速度の影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.40,No.2,pp.859-864,2018年7月[PDF]

千田紘之,高橋典之:人工知能を用いたモルタル系建築外装材の損傷画像診断と危険度判定に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.40,No.2,pp.1339-1344,2018年7月[PDF]

山本拳大,高橋典之,西脇智哉:RC梁部材の一面に設けたUHP-FRCC埋設型枠が曲げ耐力に与える影響についての考察,コンクリート工学年次論文集,Vol.39,No.2,pp.175-180,2017年7月[PDF]

鉢呂友惟,高橋典之:地震動と津波外力を受ける建築構造物の応答における津波波圧鉛直分布の影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.39,No.2,pp.25-30,2017年7月[PDF]

大貫かほり,高橋典之:津波漂流物衝突を受けるRC造建築物の同一力積衝撃応答スペクトルモデルを用いた弾塑性応答推定,コンクリート工学年次論文集,Vol.39,No.2,pp.31-36,2017年7月[PDF]

根本結衣,高橋典之:デジタル画像相関法を用いたひずみ計測によるRC部材損傷進展過程の追跡,コンクリート工学年次論文集,Vol.39,No.2,pp.745-750,2017年7月[PDF]

周 塬,高橋典之,佐藤真俊:静的加振と動的加振を受けたRC梁部材の損傷量評価についての研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.39,No.2,pp.751-756,2017年7月[PDF]

佐藤真俊,高橋典之,櫻井真人,相澤直之:深層学習を用いた画像計測手法によるRC部材の地震損傷評価,コンクリート工学年次論文集,Vol.39,No.2,pp.739-744,2017年7月[PDF]

大貫かほり,高橋典之:津波避難ビルの漂流物衝突に対する構造性能評価に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.38,No.2,pp.1-6,2016年7月[PDF]

佐藤真俊,高橋典之,菅野秀人,西田哲也:非定常変位履歴を受けるRC造柱部材の損傷量計測および推定手法に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.38,No.2,pp.931-936,2016年7月[PDF]

佐藤真俊,高橋典之:ライフサイクル地震動を用いたRC造建築物の経済性能設計に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.37,No.2,pp.709-714,2015年7月[PDF]

鈴木隆雄,高橋典之:地震動及び津波荷重の複合外力を受けるRC造建築物の耐津波性能評価に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.37,No.2,pp.745-750,2015年7月[PDF]

鈴木隆雄,高橋典之:目標性能を考慮するRC造建築物の耐・対津波設計法に関する考察,コンクリート工学年次論文集,Vol.36,No.2,pp.1-6,2014年7月[PDF]

下沢恒平,高橋典之:RC造-木造混合構造の接続スラブが地震時負担せん断力に与える影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.36,No.2,pp.1111-1116,2014年7月[PDF]

権淳日,高橋典之,崔琥,中埜良昭:梁降伏型RC造架構のエネルギー吸収能力に基づく全架構残存耐震性能評価,日本建築学会構造系論文集,Vol.78,No.693,pp.1931-1938,DOI: 10.3130/aijs.78.1931, 2013年11月

高橋典之,中埜良昭:鉄筋コンクリート梁部材のひび割れ長さ進展過程に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.2,pp.883-888,2013年7月[PDF]

権淳日,高橋典之,崔琥,中埜良昭:梁降伏型鉄筋コンクリート造建物のエネルギー吸収能力に基づいた全架構残存耐震性能の評価手法,コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.2,pp.901-906,2013年7月[PDF]

晉沂雄,崔琥,高橋典之,中埜良昭:RC造架構に内蔵されたURM壁の対角圧縮ストラットに着目した負担せん断力の評価,コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.2,pp.337-342,2013年7月[PDF]

Aoki, T., Yuasa, N., Hamasaki, H., Nakano, Y., Takahashi, N., Tanigawa, Y., Komiyama, T., Ina, T., Sabia, D., and Demarie, V. G.,: Safety Assessment of the Sanctuary of Vicoforte, Italy, International Journal of Materials and Structural Integrity, Vol.5, Nos.2/3, pp.215-240, DOI: 10.1504/IJMSI.2011.041935, Aug. 2011

Kawashima, K., Aydan, O., Aoki, T., Kishimoto, I., Konagai, K., Matsui, T., Sakuta, J., Takahashi, N., Teodori, S. P., and Yashima, A.,: Reconnaissance Investigation on the Damage of the 2009 L'Aquila, Central Italy Earthquake, Journal of Earthquake Engineering, Vol.14, Issue 6, pp.817-841, DOI: 10.1080/13632460903584055, Jul. 2010

晉沂雄,崔琥,高橋典之,中埜良昭:梁の変形を考慮した無補強組積造壁を有するRC 造架構の静的加力実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.31,No.2,pp.397-402,2009年7月[PDF]

高橋絵里,高橋典之,中埜良昭:鉄筋コンクリート部材の損傷量進展過程に関する実験的研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.31,No.2,pp.931-936,2009年7月[PDF]

高橋典之,高橋絵里,中埜良昭:鉄筋コンクリート部材のひび割れ量推定モデルの検証,コンクリート工学年次論文集,Vol.31,No.2,pp.859-864,2009年7月[PDF]

桑原里紗,高橋典之,中埜良昭:被災RC構造物の残存耐震性能および修復性能の評価因子に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.30,No.3,pp.1015-1020,2008年7月[PDF]

高橋典之,中埜良昭:複数回地震動を受ける鉄筋コンクリート構造物の損傷量推定手法に関する考察,コンクリート工学年次論文集,Vol.30,No.3,pp.1027-1032,2008年7月[PDF]

高橋典之,中埜良昭,塩原等:地震発生シナリオを考慮したRC建物の安全性と修復性の相互関係,コンクリート工学年次論文集,Vol.29,No.3,pp.1033-1038,2007年7月[PDF]

桑原里紗,高橋典之,中埜良昭:RC構造物の非線形地震応答解析に基づく残存耐震性能評価の検討,コンクリート工学年次論文集,Vol.29,No.3,pp.1027-1032,2007年7月[PDF]

朴珍和,中埜良昭,高橋典之:RC構造物のサブストラクチャ・オンライン実験におけるニューラルネットワークを用いた履歴推定手法の検討,コンクリート工学年次論文集,Vol.29,No.3,pp.889-894,2007年7月[PDF]

高橋典之,塩原等,中埜良昭:建築物の長期的耐震修復性能評価に用いるライフサイクル地震動強さ,日本地震工学シンポジウム論文集,Vol.12,pp.422-425,2006年11月

崔琥,中埜良昭,高橋典之:残留ひび割れ幅を用いたブロック造壁を有するRC造架構の残存耐震性能の評価,日本地震工学シンポジウム論文集,Vol.12,pp.1146-1149,2006年11月

倉本洋,前田匡樹,河野進,楠浩一,真田靖士,高橋典之,ファウザン,山野辺宏治:2006年5月27日インドネシアジャワ島中部地震による建物被害,日本地震工学シンポジウム論文集,Vol.12,pp.100-105,2006年11月

高橋典之,中埜良昭,塩原等:鉄筋コンクリート造建築物の長期的耐震修復経費に基づく要求スペクトル表示,コンクリート工学年次論文集,Vol.28,No.2,pp.925-930,2006年7月[PDF]

崔琥,中埜良昭,高橋典之:無補強ブロック造壁を有するRC造架構の残存耐震性能の評価,コンクリート工学年次論文集,Vol.28,No.2,pp.967-972,2006年7月[PDF]

徳井紀子,高橋典之,中埜良昭:鉄筋コンクリート部材を模擬した超小型試験体の履歴推定手法,コンクリート工学年次論文集,Vol.28,No.2,pp.931-936,2006年7月[PDF]

太田行孝,中埜良昭,高橋典之,田子茂:中低層壁式鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価,コンクリート工学年次論文集,Vol.28,No.2,pp.1213-1218,2006年7月[PDF]

朴珍和,中埜良昭,高橋典之:ニューラルネットワークを用いた非線形履歴推定手法のサブストラクチャ法への適用と精度に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.28,No.2,pp.985-990,2006年7月[PDF]

キムキョンミン,塩原等,高橋典之:鉄筋コンクリート柱のひび割れ発生機構に基づくひび割れ量の予測,コンクリート工学年次論文集,Vol.28,No.2,pp.1579-1584,2006年7月[PDF]

崔琥,中埜良昭,高橋典之:ブロック造壁を有する鉄筋コンクリート造架構におけるブロック造壁のひび割れ幅と変形の関係,構造工学論文集,Vol. 52B,pp.267-272,2006年3月[link]

高橋典之,塩原等,中埜良昭:複数回の地震動を受けるRC構造物の耐震性能評価における限界状態の互換表示,構造工学論文集,Vol. 52B,pp.299-304,2006年3月[link]

高橋典之,塩原等,楠原文雄:鉄筋コンクリート構造物の耐震修復性能評価における修復費用関数,コンクリート工学年次論文集,Vol.27,No.2,pp.1543-1548,2005年6月[PDF]

キムキョンミン,高橋典之,塩原等:鉄筋コンクリート部材の損傷状態を考慮した損傷量評価,コンクリート工学年次論文集,Vol.27,No.2,pp.1537-1542,2005年6月[PDF]

高橋典之,塩原等:RC建物の非構造部材を含めた耐震修復性能評価におけるライフサイクル地震動シナリオの影響,構造工学論文集,Vol. 51B,pp.91-96,2005年3月[link]

高橋典之,塩原等:RC構造物の耐震修復性評価におけるライフサイクル影響係数,コンクリート工学年次論文集,Vol.26,No.2,pp.1741-1746,2004年7月[PDF]

池末雄太,高橋典之,塩原等:RC建物の非構造部材と設備機器類がライフサイクル耐震修復経費に与える影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.26,No.2,pp.1747-1752,2004年7月[PDF]

山田泰史,高橋典之,大迫一徳,塩原等:埋設型定着具を有するプレストレストコンクリート外部柱梁接合部の実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.26,No.2,pp.673-678,2004年7月[PDF]

高橋典之,塩原等:耐震修復性能設計を視野に入れたライフサイクル地震動シナリオ,日本地震工学会 第1回性能規定型耐震設計に関する研究発表会講演論文集,pp.39-44,東京,2004年5月

高橋典之,塩原等,小谷俊介:鉄筋コンクリート建築構造物の耐震修復経費算出を目的とした損傷評価,コンクリート工学年次論文集,Vol.25,No.2,pp.19-24,2003年7月[PDF]

川久保樹,高橋典之,塩原等:RC建物中の非構造部材要素の損傷を考慮するライフサイクル修復経費算出方法,コンクリート工学年次論文集,Vol.25,No.2,pp.1951-1956,2003年7月[PDF]

高橋典之,塩原等,小谷俊介:鉄筋コンクリート構造物のライフサイクル耐震修復経費,日本地震工学シンポジウム論文集,Vol.11,pp.2355-2358,2002年11月

高橋典之,塩原等,小谷俊介,東川敬子:鉄筋コンクリート建物構成要素のライフサイクル修復経費に及ぼす影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.24,No.2,pp.43-48,2002年6月[PDF]

Takahashi, N., Shiohara, H. and Otani, S.: Repairability of Building Structures Vulnerable to Earthquake Hazards in terms of Life Cycle Economic Loss, Transactions of the Japan Concrete Institute, Vol.22, pp.189-194, Feb. 2001

高橋典之,塩原等,小谷俊介:「ライフサイクル修復経費指標」による鉄筋コンクリート構造物の修復性評価システム,コンクリート工学年次論文集,Vol.22,No.1,pp.433-438,2000年6月[PDF]

国際会議<査読あり>
T. Aoki, J. Zhang, H. Aoki, N. Takahashi, Y. Nakano, H. Choi: Vibration Characteristics of Airship Hangar in Augusta, Italy, Proceedings of the 12th Asian Pacific Conference on Shell & Spatial Structures, APCS2018, Penang, Malaysia, pp.195-205, Oct. 2018

Takahashi, N., Hachiro, Y.: Sequential Time-history Analysis of Building Structures under Earthquake and Tsunami Loads, Proc. of the Eleventh U.S. National Conference on Earthquake Engineering, Paper No.450, Los Angeles, Jun. 2018[PDF]

Watanabe, T., Yanase, T., Takahashi, N., Ogata, Y., Sakurai, M., and Kobayashi, J.: Optical and Acoustic Techniques for Crack Monitoring in RC Building Structures, Proc. of the Fourth Conference on Smart Monitoring, Assessment and Rehabilitation of Civil Structures, Paper No.45, Zurich, Switzerland, Sep. 2017[PDF]

Takahashi, N.: Influence of Loading Ratio on Quantified Visible Damages of R/C Structural Members, Proc. of the Sixteenth World Conference on Earthquake Engineering, Paper No.1458, Santiago, Chile, Jan. 2017[PDF]

Takahashi, N.: Simplified Method of Seismic Damage Prediction and Visualization for R/C Building Structures, Proc. of the Tenth U.S. National Conference on Earthquake Engineering, Paper No.941, Anchorage, Jul. 2014[PDF]

Jin, K.W., Choi, H., Takahashi, N., and Nakano, Y.: Seismic Capacity Evaluation of RC Frame with URM Wall Focused on Diagonal Strut Mechanism, Proc. of the First International Symposium on Earthquake Engineering, JAEE, pp.481-490, Tokyo, Nov. 2012

Jin, K.W., Choi, H., Takahashi, N. and Nakano, Y.: Failure Mechanism and Seismic Capacity of RC Frames with URM Wall Considering Its Diagonal Strut, Proc. of the Fifteenth World Conference on Earthquake Engineering, Paper ID 3856, Lisbon, Portugal, Sep. 2012

Takahashi, N., Nakano, Y. and Ito, Y.: A Quantification Model for Crack Propagation of R/C Members under Earthquake Loading, Proc. of the Fifteenth World Conference on Earthquake Engineering, Paper ID 1874, Lisbon, Portugal, Sep. 2012

Kuwahara, R., Takahashi, N., Choi, H. and Nakano, Y.: Simplified Procedure for Residual Displacement Prediction of R/C Structures using Earthquake Response Spectra, Proc. of the Ninth U.S. National and Tenth Canadian Conference on Earthquake Engineering, Paper No.837, Toronto, Jul. 2010

Takahashi, N., Takahashi, E. and Nakano, Y.: Experimental Study on Damage Quantification of R/C Members Under Earthquakes, Proc. of the Ninth U.S. National and Tenth Canadian Conference on Earthquake Engineering, Paper No.237, Toronto, Jul. 2010

Takahashi, N. and Nakano, Y.: Seismic Repair Cost of R/C Structures Using A Geometrical Damage Estimation Model, Proc. of the First International Conference on Computational Design in Engineering, pp.515-518, Seoul, Korea, Nov. 2009

Choi, H., Naknao, Y., Takahashi, N.: Residual Seismic Capacity Estimation of RC Frame with Block Infill Based on Crack Width, Proc. of the Eighth Pacific Conference on Earthquake Engineering, Paper No.221, Singapore, Dec. 2007

Takahashi, N., Nakano, Y. and Shiohara, H.: Mutual Relation of Safety and Reparability for R/C Structures in Seismic Design, Proc. of the Eighth Pacific Conference on Earthquake Engineering, Paper No.207, Singapore, Dec. 2007

Takahashi, N., Nakano, Y. and Shiohara, H.: Reparability Demand Spectrum of R/C Buildings due to the Lifecycle Seismic Loss Estimation, Proc. of the first European Conference on Earthquake Engineering and Seismology, Paper No.807, Geneva, Switzerland, Sep. 2006

Choi, H., Naknao, Y., Takahashi, N.: Residual Seismic Performance of RC Frames with Unreinforced Block Wall based on Crack Widths, Proc. of the first European Conference on Earthquake Engineering and Seismology, Paper No.748, Geneva, Switzerland, Sep. 2006

Takahashi, N., Shiohara, H. and Nakano, Y.: Equivalent Seismic Loss Spectrum For A Performance Based Design of Sustainable R/C Buildings, Proc. of the Eighth U.S. National Conference on Earthquake Engineering, Paper No.691, San Francisco, CA, Apr. 2006

Takahashi, N., Shiohara, H. and Otani, S.: Effect of the Model Correlating Structural Damage to Repairing Cost on Structural Demand Spectra Based on Life Cycle Economic Loss in High Seismic Zone, Proc. of the Seventh U.S. National Conference on Earthquake Engineering, Paper No.00120, Boston, MA, Jul. 2002

国際会議<アブストラクト査読・査読なし>
K.C. Shrestha, T. Aoki, M. Miyamoto, N. Takahashi, J. Zhang, P. Wangmo, N. Yuasa, S. Shin, Pema and K. Tenzin:Static Test on Full Scale Rammed Earth Building with Mesh-wrap Retrofitting Strategy, Proc. of 12th International Conference on Structural Analysis of Historical Constructions, Sep. 2021

Takahashi, N.: Damage Estimation of RC Member Considering An Effect of Strain Ratio and Distribution on Crack Propagation, Proc. of the Seventeenth World Conference on Earthquake Engineering, Ver.2020, Paper ID 2i-0023, Sep. 2020

Chida, H., and Takahashi, N.: Study on Image Diagnosis of Timber Houses Affected by The Earthquake Utilizing Deep Learning, Proc. of the Seventeenth World Conference on Earthquake Engineering, Ver.2020, Paper ID 3e-0006, Sep. 2020

Tsuruoka, N., and Takahashi, N.: Multiple Grade Levels in Evaluation Method for Anti-Tsunami Performance of Existing Buildings, Proc. of the Seventeenth World Conference on Earthquake Engineering, Ver.2020, Paper ID 3b-0040, Sep. 2020

P. Wangmo, K.C. Shrestha, T. Aoki, M. Miyamoto, N. Takahashi, J. Zhang, N. Yuasa, S. Shin, Pema: Mesh–wrap Retrofitting For Rammed Earth Buildings –Test Results Of Full–Scale Static Tests, Proc. of the Seventeenth World Conference on Earthquake Engineering, Ver.2020, Paper ID 3b-0016, Sep. 2020

Pema, K.C. Shrestha, T. Aoki, K. Tenzin, N. Takahashi, M. Miyamoto, J. Zhang: Test Facility to Study Traditional Conposite Masonry Structures in Bhutan – An Outcome of SATREPS, Proc. of the Seventeenth World Conference on Earthquake Engineering, Ver.2020, Paper ID 10c-0001, Sep. 2020

Wanit Treeranurata, Kumpol Saengtubtima, Narunporn Wisittiwonga, Jing Tanga, Natt Leelawat, Anawat Suppasrie, Kwanchai Pakoksunge, Fumihiko Imamura, Noriyuki Takahashi and Ingrid Charvet:Building Damage Analysis from the 2011 Great East Japan Tsunami, Proc. of 2019 International Conference on Engineering and Natural Science, Bangkok, Thailand, pp.33-39, Mar. 2019

Anawat SUPPASRI, Kwanchai PAKOKSUNG, Ingrid CHARVET, Natt LEELAWAT, Panon LATCHAROTE, Noriyuki TAKAHASHI, Fumihiko IMAMURA:Developing Tsunami Fragility Functions by Considering Wooden Building's Lateral Resistance,Proc. Asia Oceania Geosciences Society 15th Annual Meeting, Paper ID IG04-A003,Honolulu, Hawaii, Jun. 2018

Quan, C., Choi, H., Takahashi, N., Nakano, Y., and Matsukawa, K.: Residual Seismic Capacity Evaluation of RC Frame with Weak-beams based on Energy Absorption Capacity, Proc. of the Twelveth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, No.39, Hanoi, Vietnam, Oct. 2013

Kuwahara, R., Takahashi, N., Choi, H. and Nakano, Y.: Residual Displacement Prediction of RC Building Structures Using Earthquake Response Spectra, Proc. of the Eighth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, pp.173-182, Incheon, Korea, Oct. 2009

Jin, K.W., Choi, H., Takahashi, N. and Nakano, Y.: Failure Mechanism and Seismic Capacity of RC Frames with URM Wall Considering Beam Deformation, Proc. of the Eighth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, pp.251-260, Incheon, Korea, Oct. 2009

Takahashi, N. and Nakano, Y.: A Study on Seismic Repair Cost of R/C Building Structures Using A Geometrical Damage Estimation Model of R/C Members, Proc. of the Eighth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, pp.313-322, Incheon, Korea, Oct. 2009

Takahashi, N. and Nakano, Y.: Impact of R/C Building Components on its Seismic Reparability Due to the Life Cycle Economic Loss, Proc. of the Fourteenth World Conference on Earthquake Engineering, Paper ID 10-0022, Beijing, China, Oct. 2008

Nakano, Y., Choi, H. and Takahashi, N.: Residual Seismic Capacity Evaluation of RC Buildings with Concrete Block Infill Based on Their Crack Widths, The 4th Korea-Japan Workshop on New Direction for Enhancement of Structural Performance, Jul. 2007

Takahashi, N., Nakano, Y. and Shiohara, H.: Mutual Relation of Safety and Reparability for R/C Structures in Performance-based Seismic Design, The 4th Korea-Japan Workshop on New Direction for Enhancement of Structural Performance, Jul. 2007

Takahashi, N., Shiohara, H.: Life Cycle Economic Loss due to Seismic Damage of Nonstructural Elements, Proc. of the Thirteenth World Conference on Earthquake Engineering, Vancouver, B.C., Canada, Aug. 2004

Takahashi, N., Shiohara, H., and Otani, S.: Effects of the Modeling Correlating Structural Damage to Repairing Cost on Life Cycle Economic Loss of Building Structures in High Seismic Zone, US-Japan Workshop on Performance Based Seismic Design of Reinforced Concrete Building Structures, Seattle, WA, Aug. 2001

梗概・紀要
高橋典之:地震により生じる損傷の評価・推定の現状,日本建築学会大会PD(RC構造)RC構造の性能規定型耐震設計の現状と将来-性能規定化から約20年,pp.30-36,2021年9月

鶴岡七海,高橋典之,崔琥:津波避難ビルの限界浸水深算定における前駆地震動の影響評価に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造IV,pp.457-458,2021年9月

千田紘之,高橋典之,山田朋幸:2021年福島県沖の地震による被害調査への深層学習活用型画像診断システムの適用,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造III,pp.513-514,2021年9月

佐藤圭裕,高橋典之:経年劣化したRC造建造物の劣化度推定および構造性能低減評価法,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造IV,pp.335-336,2021年9月

石橋詩織,高橋典之:鉄筋コンクリート梁部材のひび割れ進展に伴うコンクリート表面ひずみの変化,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造IV,pp.245-246,2021年9月

高橋賢作,高橋典之:地震被害調査を目的とした鉄筋コンクリート部材に生じるひび割れの新旧分類と領域検出,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造IV,pp.333-334,2021年9月

耳塚友貴,高橋典之,櫻井真人:RC造せん断壁を対象としたひび割れ進展簡易推定手法(その1)せん断ひび割れ発生領域の分析と損傷量推定,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造IV,pp.161-162,2021年9月

高橋典之,耳塚友貴,櫻井真人:RC造せん断壁を対象としたひび割れ進展簡易推定手法(その2)ひび割れ補修費用積算,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造IV,pp.163-164,2021年9月

梅林舞,高橋典之,千田紘之,長江拓也,岡崎太一郎,松宮智央,梶原浩一,中澤博志,神崎喜和,福井隆浩,桐山義郎:大型振動台による軽量鉄骨下地間仕切壁の損傷評価実験における架構層間変形角と間仕切壁傾斜角の関係,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造II,pp.967-968,2021年9月

山田朋幸,高橋典之,千田紘之:深層学習を用いた木造戸建住宅の地震損傷自動抽出に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),情報システム技術,pp.3-4,2021年9月

髙橋直哉,松井良太,岡崎太一郎,高橋典之:デッキプレート付合成梁の繰返し載荷実験 その3 画像による損傷の分析,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造III,pp.757-758,2021年9月

松田良介,岡崎太一郎,長江拓也,松宮智央,高橋典之,梶原浩一,神崎喜和,福井隆浩,日高和幸,飯嶋俊比古,桐山義郎,中澤博志:ユニットハウスの建築耐震性に関する振動台実験 その3 5坪製品の振動台実験,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造III,pp.1161-1162,2021年9月

谷口佳代,浅井健志郎,長江拓也,岡崎太一郎,松宮智央,高橋典之,中澤博志,松井良太,梶原浩一:鋼構造骨組に対する地震応答解析の精度検証の振動台実験 その1 設計と実験概,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造III,pp.1197-1198,2021年9月

浅井健志郎,谷口佳代,長江拓也,岡崎太一郎,松宮智央,高橋典之,中澤博志,松井良太,梶原浩一:鋼構造骨組に対する地震応答解析の精度検証の振動台実験 その2 解析方法と解析結果,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),構造III,pp.1199-1200,2021年9月

松田良介 , 岡崎太一郎 , 長江拓也 , 松宮智央 , 高橋典之 , 梶原浩一 , 神崎喜和 , 福井隆浩 , 日高和幸 , 飯嶋俊比古 , 桐山義郎 , 中澤博志:ユニットハウスの耐震性能を検証する振動台実験 5坪製品の振動台実験,日本建築学会北海道支部研究報告集,Vol.94, pp.110-113, 2021年6月

浅井健志郎,谷口佳代,長江拓也,岡崎太一郎,松宮智央,高橋典之,中澤博志,松井良太,梶原浩一:鋼構造骨組に対する地震応答解析の精度検証の振動台実験 第2報 解析方法と解析結果,日本建築学会北海道支部研究報告集, Vol.94, pp.82-85, 2021年6月

千田紘之,高橋典之:深層学習による木造住宅の地震損傷定量評価に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造III,pp.525-526,2020年9月

青柳克弘,岡崎太一郎,長江拓也,松宮智央,高橋典之,中澤博志,御子柴正,梶原浩一,遠藤健太:大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その10 ひずみデータに基づく考察,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造III,pp.709-710,2020年9月

松宮智央,野々山優輔,平井貴大,長江拓也,岡崎太一郎,高橋典之,中澤博志,御子柴正,梶原浩一:大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その11 剛性と累積エネルギー,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造III,pp.711-712,2020年9月

石橋詩織,高橋典之,根本結衣:鉄筋コンクリート梁部材のひび割れ進展過程におけるひずみ分布進展とひび割れ幅関係に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.133-134,2020年9月

耳塚友貴,王一哲,高橋典之,櫻井真人:修正圧縮場理論とひび割れ幅分布によるRC造せん断壁の簡易ひび割れ進展解析手法,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.293-294,2020年9月

鶴岡七海,高橋典之,崔琥:津波外力時刻歴を考慮した津波避難ビルの耐浪性診断手法に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.451-452,2020年9月

高橋賢作,高橋典之:鉄筋コンクリート部材の深層学習を用いた地震損傷検出における最適撮影環境に関する検討,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.529-530,2020年9月

佐藤圭裕,高橋典之:経年劣化したRC造建築物の構造性能低減手法に関する検証,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.647-648,2020年9月

王一哲,高橋典之,耳塚友貴,千田紘之:画像解析に基づくRC壁部材のひび割れ幅分布特性,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.649-650,2020年9月

片貝勇介,高橋典之:組積造壁を有する混合構造歴史的建造物の経済性能評価における復元力特性の影響,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.797-798,2020年9月

Phuntsho Wangmo,Takayoshi Aoki,Kshitij Shrestha,Mitsuhiro Miyamoto,Hidenori Aoki,Shin Kanai,Jingyao Zhang,Noriyuki Takahashi,Noboru Yuasa,Satsuki Murai,Sangchul Shin:Study on Earthquake Resistance Technology of Composite Masonry Buildings in Bhutan Part 16: Full scale tests on composite masonry buildings: Strengthening techniques on rammed earth building,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.819-820,2020年9月

Kshitij Shrestha,Takayoshi Aoki,Mitsuhiro Miyamoto,Phuntsho Wangmo,Shin Kanai,Hidenori Aoki,Satsuki Murai,Jingyao Zhang,Noriyuki Takahashi,Noboru Yuasa,Sangchul Shin:Study on Earthquake Resistance Technology of Composite Masonry Buildings in Bhutan Part 17: Full scale tests on composite masonry buildings: Mesh-wrapped stone masonry with cement mortar construction,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.821-822,2020年9月

青木孝義,青木秀敬,シュレスタチティジチャラナ,宮本慎宏,高橋典之:ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その18 実大試験体の常時微動測定結果,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.823-824,2020年9月

宮本慎宏,青木孝義,高橋典之,シュレスタチティジチャラナ:ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その19 縮小試験体の振動台実験結果,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.825-826,2020年9月

金井新,青木孝義,シュレスタチティジチャラナ,宮本慎宏,高橋典之,張景耀,ワングモプンツォ,村井颯希:ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その20 ブータン王国西部の伝統建築集落の悉皆調査,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.827-828,2020年9月

村井颯希,宮本慎宏,青木孝義,シュレスタチティジチャラナ,高橋典之:ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その21 ブータン王国中部の伝統建築集落の悉皆調査,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),構造IV,pp.829-830,2020年9月

高橋典之,高橋賢作:深層学習を用いたRC部材地震損傷検出のための損傷画像撮影環境に関する検討,2019年度 鉄筋コンクリート構造物の非破壊試験部門「歴史的構造物の非破壊検査」ミニシンポジウム,日本非破壊検査協会,pp.83-89,2020年3月

高橋典之,鉢呂友惟:津波外力時刻歴の算定におけるSPH法の粒子サイズに関する考察,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造I,pp.37-38,金沢,2019年9月

鉢呂友惟,高橋典之:建築構造物に作用する津波外力時刻歴モデルの研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造I,pp.81-82,金沢,2019年9月

千田紘之,高橋典之:深層学習を用いた戸建て住宅の地震損傷検出に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造III,pp.379-380,金沢,2019年9月

青柳克弘,岡崎太一郎,長江拓也,松宮智央,高橋典之,中澤博志,御子柴正,梶原浩一:大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その8 床スラブの合成効果,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造III,pp.837-838,金沢,2019年9月

野々山優輔,長江拓也,岡崎太一郎,松宮智央,高橋典之,中澤博志,御子柴正,梶原浩一:大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その9 合成梁の変形性能と剛性劣化挙動,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造III,pp.839-840,金沢,2019年9月

片貝勇介,高橋典之:歴史的建造物の価値評価を考慮した耐震改修設計支援技術に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造III,pp.1413-1414,金沢,2019年9月

佐藤圭裕,高橋典之:RC造文化財建築物の構造性能劣化指標の比較検討,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造IV,pp.305-306,金沢,2019年9月

根本結衣,高橋典之:載荷速度の異なるRC造部材実験におけるDICの適用と損傷過程の考察,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造IV,pp.479-480,金沢,2019年9月

耳塚友貴,高橋典之,櫻井真人,佐藤真俊:修正圧縮場理論と幾何学的部材変形モデルを用いたRC造せん断壁の簡易ひび割れ評価手法,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造IV,pp.581-582,金沢,2019年9月

鶴岡七海,高橋典之:耐浪性診断の診断次数設定と診断結果表示手法に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造IV,pp.723-724,金沢,2019年9月

申相澈,湯浅昇,青木孝義,Phuntsho Wangmo,Kshitij C. Shrestha,宮本慎宏,高橋典之,張景耀:ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その7 版築の圧縮強度に及ぼす加水率および乾燥温度の影響,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造IV,pp.849-850,金沢,2019年9月

湯浅昇,申相澈,青木孝義,Kshitij C. Shrestha,Phuntsho Wangmo,宮本慎宏,高橋典之,張景耀:ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その8 石積み裏込モルタルの品質確保に関する検討,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造IV,pp.851-852,金沢,2019年9月

青木孝義,Kshitij C. Shrestha,宮本慎宏,Phuntsho Wangmo,青木秀敬,金井新,張景耀,高橋典之,湯浅昇,村井颯希,申相澈:STUDY ON EARTHQUAKE RESISTANCE TECHNOLOGY OF COMPOSITE MASONRY BUILDINGS IN BHUTAN Part 12: Full scale tests on composite masonry buildings: Test set-up, Instrumentation, Specimen details,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造IV,pp.859-860,金沢,2019年9月

宮本慎宏,青木孝義,高橋典之,Kshitij C. Shrestha,村井颯希,金井新:ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その15 伝統的石造建物の常時微動計測,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),構造IV,pp.865-866,金沢,2019年9月

鉢呂友惟,高橋典之:建築構造物に作用する津波波力に与える開口数の違いによる影響,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),B-1,pp.261-262,仙台,2018年9月

青柳克弘,岡崎太一郎,長江拓也,松宮智央,高橋典之,丸山一平,梶原浩一,中澤博志,御子柴正:大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その5 現場式柱梁接合部の繰返し載荷性能,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),B-2,pp.245-246,仙台,2018年9月

野々山優輔,鳥谷尾駿佑,長江拓也,岡崎太一郎,松宮智央,高橋典之,丸山一平,御子柴正,梶原浩一:大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その6 数値モデルによるS造評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),B-2,pp.247-248,仙台,2018年9月

根本結衣,高橋典之,長江拓也,丸山一平,松宮智央,岡崎太一郎,中澤博志,御子柴正,梶原浩一:大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その7 動的載荷実験における画像相関法の適用と部材損傷進展評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),B-2,pp.249-250,仙台,2018年9月

千田紘之,高橋典之:人工知能を用いた地震被災戸建て住宅の画像診断に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-1,pp.93-94,仙台,2018年9月

大貫かほり,高橋典之:RC造多層建築物の耐津波漂流物衝突性能評価手法,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.507-508,仙台,2018年9月

高橋典之,周 塬:動的載荷を受けるRC造架構の簡易ひび割れ長さ評価手法 その1 評価手法概要と解析対象,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.553-554,仙台,2018年9月

周 塬,高橋典之:動的載荷を受けるRC造架構の簡易ひび割れ長さ評価手法 その2 解析結果と実験結果の比較検討,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.555-556,仙台,2018年9月

山本拳大,高橋典之,西脇智哉:UHP-FRCC埋設型枠をRC梁部材の一面に設けた架構の構造性能に関する考察,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.565-566,仙台,2018年9月

片貝勇介,高橋典之,青木孝義:混合構造文化財建造物の耐震改修を考慮した経済性能評価に基づく要求スペクトル,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.849-850,仙台,2018年9月

青木孝義,宮本慎宏,K.C. Shrestha,湯浅昇,高橋典之,張景耀,荒巻卓見:ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その1 プロジェクトの概要と伝統的版築造住宅のモニタリング,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.903-904,仙台,2018年9月

湯浅昇,青木孝義,荒巻卓見,宮本慎宏,K.C. Shrestha,高橋典之,張景耀,Phuntsho Wangmo:ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その2 版築の材料強度の検討,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.905-906,仙台,2018年9月

Phuntsho Wangmo, Takayoshi Aoki,Kshitij C. Shrestha,Mitsuhiro Miyamoto,Takaaki Konishi,Takumi Aramaki,Jingyao Zhang,Noriyuki Takahashi,Noboru Yuasa,Hidenori Aoki:Study on earthquake resistance technology of composite masonry buildings in Bhutan Part 3: Element tests on reduce-scaled rammed earth walls,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.907-908,仙台,2018年9月

小西孝明,宮本慎宏,青木孝義,Kshitij C. Shrestha,湯浅昇,高橋典之,張景耀,荒巻卓見,Phuntsho Wangmo,青木秀敬:ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その4 引き倒し実験の概要と材料実験結果,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.909-910,仙台,2018年9月

Kshitij C. Shrestha, Takayoshi Aoki, Mitsuhiro Miyamoto, Jingyao Zhang, Takumi Aramaki, Phuntsho Wangmo, Takaaki Konishi, Noriyuki Takahashi, Noboru Yuasa, Hidenori Aoki:Study on earthquake resistance technology of composite masonry buildings in Bhutan Part 5: Pull-down tests on real-scale rammed earth house: Test results and discussions,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.911-912,仙台,2018年9月

宮本慎宏,青木孝義,高橋典之,K.C. Shrestha,張景耀:ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その6 伝統的版築造建物の常時微動計測,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.913-914,仙台,2018年9月

青柳克弘,岡崎太一郎,長江拓也,松宮智央,高橋典之,丸山一平,梶原浩一,中澤博志,御子柴正:部分架構の動的載荷実験と同時損傷評価手法の開発 第4報 現場指揮柱梁接合部の繰返し載荷性能,日本建築学会北海道支部研究報告集,Vol.91,pp.180-183,旭川,2018年6月

野々山優輔,鳥谷尾駿佑,長江拓也,岡崎太一郎,松宮智央,高橋典之,御子柴正,中澤博志,梶原浩一:部分架構の動的載荷実験と同時損傷評価手法の開発 第5報 床スラブの影響を含めた分析と数値解析,日本建築学会北海道支部研究報告集,Vol.91,pp.184-187,旭川,2018年6月

高橋典之,根本結衣,長江拓也,松宮智央,岡崎太一郎,丸山一平,梶原浩一,中澤博志,御子柴正:部分架構の動的載荷実験と同時損傷評価手法の開発 第6報 画像相関法を用いたひずみ計測によるひび割れ幅と載荷速度の関係,日本建築学会北海道支部研究報告集,Vol.91,pp.188-191,旭川,2018年6月

Anawat SUPPASRI, Kwanchai PAKOKSUNG, Panon LATCHAROTE, Noriyuki TAKAHASHI, Fumihiko IMAMURA:Is using maximum flow depth from tsunami fragility functions overestimates wooden housing damage?,土木学会東北支部技術研究発表会講演梗概集,II-93,郡山,2018年3月

岡崎太一郎,中田和志,松宮智央,長江拓也,高橋典之,丸山一平,中澤博志,御子柴正:大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その1 実験手法とS試験体の履歴応答,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),B-2,pp.541-542,広島,2017年8月

鳥谷尾 駿佑,長江拓也,松宮智央,岡崎太一郎,高橋典之,飛田潤,福和伸夫:大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その2 数値モデルによるS造評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),B-2,pp.543-544,広島,2017年8月

根本結衣,高橋典之,長江拓也,丸山一平,松宮智央,岡崎太一郎,中澤博志,御子柴正:大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その3 モノラルカメラを用いた画像相関法による損傷量解析,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),B-2,pp.545-546,広島,2017年8月

高橋典之,根本結衣,長江拓也,丸山一平,松宮智央,岡崎太一郎,中澤博志,御子柴正:大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その4 RC造試験体の実験結果と損傷量分析,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),B-2,pp.547-548,広島,2017年8月

周 塬,高橋典之,小林淳,櫻井真人,佐藤真俊,尾形芳博,相澤直之:微小変形領域におけるRC造耐震壁の非線形性に関する検討 (その13)画像処理手法によるひび割れ量計測結果,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),B-2,pp.1147-1148,広島,2017年8月

佐藤真俊,高橋典之,小林淳,櫻井真人,尾形芳博,相澤直之:微小変形領域におけるRC造耐震壁の非線形性に関する検討 (その14)ディープラーニングを用いたひび割れのデジタル検出手法,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),B-2,pp.1149-1150,広島,2017年8月

大貫かほり,高橋典之:津波漂流物衝突を受けるRC造建築物の同一力積衝撃応答スペクトルを用いた弾塑性応答,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),C-2,pp.731-732,広島,2017年8月

鉢呂友惟,高橋典之:地震動と津波外力を受ける建築構造物における津波波圧鉛直分布時刻歴の影響,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),C-2,pp.733-734,広島,2017年8月

山本拳大,高橋典之,西脇智哉:UHP-FRCC埋設型枠を一面に設けたRC梁部材の耐力と破壊挙動に関する考察,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),C-2,pp.59-60,広島,2017年8月

松宮智央,岡崎太一郎,長江拓也,高橋典之,丸山一平,梶原浩一,中澤博志,御子柴正:部分架構の動的載荷実験と同時損傷評価手法の開発 第1報 実験計画とS造試験体の実験結果,日本建築学会北海道支部研究報告集,Vol.90,pp.85-88,室蘭,2017年6月

鳥谷尾駿佑,長江拓也,松宮智央,岡崎太一郎,高橋典之,飛田潤,福和伸夫:部分架構の動的載荷実験と同時損傷評価手法の開発 第2報 鋼構造建物の数値解析モデル,日本建築学会北海道支部研究報告集,Vol.90,pp.89-92,室蘭,2017年6月

高橋典之,根本結衣,長江拓也,松宮智央,岡崎太一郎,丸山一平,梶原浩一,中澤博志,御子柴正:部分架構の動的載荷実験と同時損傷評価手法の開発 第3報 画像処理技術の適用検証とRC造試験体の損傷量評価,日本建築学会北海道支部研究報告集,Vol.90,pp.93-98,室蘭,2017年6月

大貫かほり,高橋典之:津波避難ビルの漂流物衝突に対する安全性評価に関する基礎的研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),B-1,pp.429-430,博多,2016年8月

佐藤真俊,高橋典之,櫻井真人,小林淳,鶴飼和也,尾形芳博:微小変形領域におけるRC造耐震壁の非線形性に関する検討 その7 ひび割れ発生状況・ひび割れ幅のデジタル検出,日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),B-2,pp.1293-1294,博多,2016年8月

山本拳大,高桑謙吾,高橋典之,西脇智哉:UHP-FRCCを外型枠の一部に用いたRC梁の破壊性状に関する基礎的研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),C-2,pp.123-124,博多,2016年8月

周塬,鈴木隆雄,高橋典之:地震および津波による連動外力を受けるRC造建築物の応答性状に関する検討 (その1)流体力評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),C-2,pp.355-356,博多,2016年8月

高橋典之,鈴木隆雄,周塬:地震および津波による連動外力を受けるRC造建築物の応答性状に関する検討 (その2)弾塑性時刻歴応答評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),C-2,pp.357-358,博多,2016年8月

山本拳大,高桑謙吾,高橋典之,西脇智哉:UHP-FRCCを外型枠の一部に用いたRC梁の構造性能に関する基礎的研究,日本建築学会東北支部研究報告集,Vol.79,pp.21-24,仙台,2016年6月

佐藤真俊,高橋典之,菅野秀人,西田哲也:非定常変位履歴を受けるRC造柱部材のひび割れ量計測に関する研究,日本地震工学会大会2015梗概集,P3-23,東京,2015年11月

高橋典之,松永圭右:載荷速度が鉄筋コンクリート部材の損傷量に与える影響についての検討,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.449-450,平塚,2015年9月

鈴木隆雄,髙橋典之:地震および津波による複合外力を受けるRC造建築物の応答評価に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.541-542,平塚,2015年9月

佐藤真俊,高橋典之:ライフサイクル地震動を用いたRC造構造物の経済性能設計に関する考察,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.569-570,平塚,2015年9月

下沢恒平,高橋典之:RC造-木造混合構造の接続スラブが地震時負担せん断力に与える影響に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿),C-1,pp.1363-1364,神戸,2014年9月

鈴木隆雄,髙橋典之:目標性能を考慮する建築物の耐・対津波設計法に関する研究 その1 耐津波性能マトリクス,日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿),C-2,pp.471-472,神戸,2014年9月

高橋典之,鈴木隆雄:目標性能を考慮する建築物の耐・対津波設計法に関する研究 その2 対津波避難性能マトリクス,日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿),C-2,pp.473-474,神戸,2014年9月

岸本一蔵,丸山一平,青木孝義,高橋典之,濱崎仁,松井智哉,迫田丈志,湯浅昇:イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 その6 組積造建築物の応急補強事例,日本地震工学会大会2013梗概集,pp.273-274,東京,2013年11月

青木孝義,松井智哉,高橋典之,迫田丈志,岸本一蔵,濱崎仁,丸山一平,湯浅昇:イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 その7 サンタゴスティーノ教会堂の静的・動的モニタリング結果,日本地震工学会大会2013梗概集,pp.275-276,東京,2013年11月

松井智哉,青木孝義,高橋典之,迫田丈志,岸本一蔵,濱崎仁,丸山一平,湯浅昇:イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 その8 市民の塔の静的モニタリングの結果,日本地震工学会大会2013梗概集,pp.277-278,東京,2013年11月

高橋典之,岸本一蔵,濱崎仁,青木孝義,松井智哉,迫田丈志,丸山一平,湯浅昇:イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 その9 サン・シルヴェストロ教会堂の静的・動的モニタリング結果と簡易振動モデルの構築,日本地震工学会大会2013梗概集,pp.279-280,東京,2013年11月

崔琥,本村友一,高橋典之,松川和人,楊勇,中埜良昭:津波漂流物の衝突による建築物の応答特性に関する研究 その1 非線形時刻歴応答解析による建物の応答評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道),B-1,pp.251-252,札幌,2013年8月

楊勇,本村友一,崔琥,高橋典之,松川和人,中埜良昭:津波漂流物の衝突による建築物の応答特性に関する研究 その2 縮小試験体を用いた建物と津波漂流物の衝突実験,日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道),B-1,pp.253-254,札幌,2013年8月

李煥九,晉沂雄,崔琥,松川和人,高橋典之,中埜良昭:応用要素法(AEM)を用いたRC梁部材の荷重-変形関係の推定,日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道),B-1,pp.293-294,札幌,2013年8月

権淳日,高橋典之,崔琥,中埜良昭:梁の損傷を考慮したRC造架構の残存耐震性能の評価手法 その1 全架構耐震性能残存率SImarginの精算法,日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道),C-2,pp.567-568,札幌,2013年8月

高橋典之,権淳日,崔琥,中埜良昭:梁の損傷を考慮したRC 造架構の残存耐震性能の評価手法 その2 全架構耐震性能残存率SImarginの略算法,日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道),C-2,pp.569-570,札幌,2013年8月

晉沂雄,崔琥,高橋典之,中埜良昭:梁の変形拘束を考慮した無補強組積造壁を含むRC造架構の耐震性能評価 その3 無補強組積造壁の最大せん断力の簡易評価手法の提案,日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道),C-2,pp.955-956,札幌,2013年8月

浅井竜也,舘野公一,崔琥,高橋典之,中埜良昭:2011年東北地方太平洋沖地震による津波被害調査に基づく建築物の転倒に関する検討,日本地震工学会大会2012梗概集,pp.20-21,東京,2012年11月

高橋典之,権淳日,中埜良昭:RC造建築物の被災度区分における工学量と修復量の関係,日本地震工学会大会2012梗概集,pp.232-233,東京,2012年11月

権淳日,高橋典之,崔琥,中埜良昭:地震により被災した梁降伏型RC造架構の耐震安全性能の評価手法に関する研究,日本地震工学会大会2012梗概集,pp.234-235,東京,2012年11月

本村友一,浅井竜也,高橋典之,崔琥,中埜良昭:免震工法により耐震改修されたRC造5層建築物の振動性状,生産研究,Vol.64,No.6,pp.871-876,DOI:10.11188/seisankenkyu.64.871,2012年11月

本村友一,高橋典之,崔琥,中埜良昭:免震工法により耐震改修されたRC造5層建物の振動性状変化,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),B-1,pp.1175-1176,名古屋,2012年9月

高橋典之,伊藤洋一,崔琥,中埜良昭:鉄筋コンクリート梁部材のひび割れ長さ評価手法に関する研究 その1 実験概要および結果,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),C-2, pp.249-250,名古屋,2012年9月

伊藤洋一,高橋典之,崔琥,中埜良昭:鉄筋コンクリート梁部材のひび割れ長さ評価手法に関する研究 その2 ひび割れ長さ推定手法の提案,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),C-2,pp.251-252,名古屋,2012年9月

権淳日,高橋典之,崔琥,中埜良昭:RC造架構の耐震安全性と耐震修復性の相関モデルの提案 その1 架構の耐震安全性と耐震修復性の定義,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),C-2,pp.655-656,名古屋,2012年9月

李煥九,権淳日,高橋典之,崔琥,中埜良昭:RC造架構の耐震安全性と耐震修復性の相関モデルの提案 その2 相関モデルへの実験結果の適用,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),C-2,pp.657-658,名古屋,2012年9月

楊勇,晉沂雄,崔琥,高橋典之,中埜良昭:梁の変形拘束を考慮した無補強組積造壁を含むRC造架構の耐震性能評価 その1 実験概要および剛梁型試験体の実験結果,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),C-2,pp.1037-1038,名古屋,2012年9月

晉沂雄,崔琥,高橋典之,中埜良昭,楊勇:梁の変形拘束を考慮した無補強組積造壁を含むRC 造架構の耐震性能評価 その2 主歪を用いた壁体の対角圧縮ストラット有効幅の算定,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),C-2,pp.1039-1040,名古屋,2012年9月

高橋典之,迫田丈志,松井智哉,濱崎仁,岸本一蔵,青木孝義:イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 その4 サン・シルヴェストロ教会堂のひび割れ状況と静的モニタリング結果,日本地震工学会大会2011梗概集,pp.306-307,東京,2011年11月

青木孝義,松井智哉,迫田丈志,高橋典之:イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 その5 サンタゴスティーノ教会堂のひび割れ状況と静的モニタリング結果,日本地震工学会大会2011梗概集,pp.308-309,東京,2011年11月

中神宏昌,高橋典之,崔琥,中埜良昭:非剛床スラブによる伝達せん断力を考慮した中低層RC造建物の耐震性能評価手法,生産研究,Vol.63,No.6,pp.805-809,DOI:10.11188/seisankenkyu.63.805,2011年11月

丸山一平,小室努,丸田誠,高橋典之,福原武史:耐久性力学的観点による建築分野のコンクリートの収縮と鉄筋コンクリート造部材性能の既往研究再評価,耐久性力学に基づく収縮影響評価に関するワークショップ論文集,日本コンクリート工学会,pp.59-66,2011年8月

青木孝義,迫田丈志,高橋典之,松井智哉,岸本一蔵,濱崎仁,湯浅昇,丸山一平,奥田耕一郎,谷川恭雄,中埜良昭:イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 その1 調査概要とモニタリングシステム,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),B-1,pp.25-26,東京,2011年8月

奥田耕一郎,青木孝義,迫田丈志,高橋典之,松井智哉,岸本一蔵,濱崎仁,湯浅昇,丸山一平,谷川恭雄,中埜良昭:イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 その2 調査対象文化遺産建築の概要,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),B-1,pp.27-28,東京,2011年8月

岸本一蔵,濱崎仁,迫田丈志,高橋典之,松井智哉,湯浅昇,青木孝義,丸山一平,奥田耕一郎,谷川恭雄,中埜良昭:イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 その3 静的モニタリングの概要と結果,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),B-1,pp.29-30,東京,2011年8月

浅井竜也,高橋典之,崔琥,中埜良昭:免震工法により改修計画されたRC造5層建物の振動性状の変化に関する検討,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),B-1,pp.343-344,東京,2011年8月

横地未咲,壁谷澤里紗,高橋典之,崔琥,中埜良昭:弾性応答スペクトルを用いたRC構造物の残留変位推定手法の検証,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.95-96,東京,2011年8月

晉沂雄,崔琥,高橋典之,中埜良昭:無補強組積造壁を含むRC造架構の静的および動的載荷実験 その7 無補強組積造壁の復元力特性を考慮した解析的検討,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.927-928,東京,2011年8月

崔琥,中神宏昌,高橋典之,中埜良昭:非剛床性を考慮したスラブの伝達せん断力に着目した耐震性能低減率 その1 対象建物のモデル化と耐震性能低減率推定手法の提案,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.465-466,東京,2011年8月

中神宏昌,高橋典之,崔琥,中埜良昭:非剛床性を考慮したスラブの伝達せん断力に着目した耐震性能低減率 その2 耐震性能低減率推定手法の検証,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.467-468,東京,2011年8月

福山洋,向井智久,壁谷澤寿一,諏訪田晴彦,前田匡樹,衣笠秀行,高橋典之,中埜良昭,関松太郎,太田勤:脆性部材を有するRC造架構の構造性能評価に関する実験 その1 実験概要,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.807-808,東京,2011年8月

松川和人,三浦耕太,高橋香菜子,前田匡樹,高橋典之,中埜良昭,衣笠秀行,向井智久,壁谷澤寿一,福山洋:脆性部材を有するRC造架構の構造性能評価に関する実験 その2 耐力低下部材を含む架構の解析,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.809-810,東京,2011年8月

高橋香菜子,三浦耕太,松川和人,前田匡樹,高橋典之,中埜良昭,衣笠秀行,向井智久,壁谷澤寿一,福山洋:脆性部材を有するRC造架構の構造性能評価に関する実験 その3 現行の耐震診断法の検証,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.811-812,東京,2011年8月

高橋典之,権淳日,中埜良昭,前田匡樹,衣笠秀行,向井智久,壁谷澤寿一,福山洋:脆性部材を有するRC造架構の構造性能評価に関する実験 その4 損傷量計測方法,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.813-814,東京,2011年8月

伊藤洋一,権淳日,高橋典之,崔琥,中埜良昭,前田匡樹,衣笠秀行,向井智久,壁谷澤寿一,福山洋:脆性部材を有するRC造架構の構造性能評価に関する実験 その5 損傷量進展過程の分析,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.815-816,東京,2011年8月

権淳日,高橋典之,伊藤洋一,崔琥,中埜良昭,前田匡樹,衣笠秀行,向井智久,壁谷澤寿一,福山洋:脆性部材を有するRC造架構の構造性能評価に関する実験 その6 部材損傷と架構危険度の関係,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.817-818,東京,2011年8月

竹内功,泉洪介,衣笠秀行,向井智久,福山洋,壁谷澤寿一,高橋直紀,前田匡樹,中埜良昭,高橋典之:脆性部材を有するRC造架構の構造性能評価に関する実験 その7 構造部材の修復性評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.819-820,東京,2011年8月

泉洪介,竹内功,衣笠秀行,向井智久,福山洋,壁谷澤寿一,高橋直紀,前田匡樹,中埜良昭,高橋典之:脆性部材を有するRC造架構の構造性能評価に関する実験 その8 RC造架構における修復性評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.821-822,東京,2011年8月

Takahashi, N., and Nakano, Y.: Seismic Loss Estimation of R/C Structures Based on a Geometrical Damage Model, Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.44, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo, pp.125-137, Mar. 2011

高橋典之,中埜良昭:RC部材の地震応答変位履歴とひび割れ幅-ひび割れ長さの関係,日本地震工学シンポジウム論文集,Vol.13,pp.1373-1378,2010年11月

中神宏昌,高橋典之,崔琥,中埜良昭:不整形平面を有するRC造建物の並進応答時に対する耐震性能評価,日本地震工学シンポジウム論文集,Vol.13,pp.1632-1637,2010年11月

前田匡樹,チョビョンミン,五十嵐さやか,金順実,權淳日,高橋典之,加藤博人,田尻清太郎:地震によるRC造建築物の損傷状況・機能維持に着目した実大試験体実験 その2 柱梁架構の計測計画,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),B-1,pp.73-74,富山,2010年9月

チョビョンミン,五十嵐さやか,金順実,前田匡樹,權淳日,高橋典之,田尻清太郎,向井智久:地震によるRC造建築物の損傷状況・機能維持に着目した実大試験体実験 その3 柱梁躯体の破壊経過と損傷量,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),B-1,pp.75-76,富山,2010年9月

金順実,五十嵐さやか,チョビョンミン,前田匡樹,權淳日,高橋典之,向井智久,加藤博人:地震によるRC造建築物の損傷状況・機能維持に着目した実大試験体実験 その4 柱梁のタイル仕上げ面の破壊経過と損傷量,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),B-1,pp.77-78,富山,2010年9月

高橋典之,權淳日,前田匡樹,五十嵐さやか,チョビョンミン,金順実,田尻清太郎,向井智久:地震によるRC造建築物の損傷状況・機能維持に着目した実大試験体実験 その5 画像処理手法を用いた柱梁部材のひび割れ量分析,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),B-1,pp.79-80,富山,2010年9月

權淳日,高橋典之,中埜良昭:地震によるRC造建築物の損傷状況・機能維持に着目した実大試験体実験 その7 架構の損傷と損傷指標に関する検討,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),B-1,pp.83-84,富山,2010年9月

中神宏昌,高橋典之,崔琥,中埜良昭:平面的不整形性を有するRC造建物の並進応答時における耐震性能評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),C-2,pp.605-606,富山,2010年9月

Kuwahara, R., Takahashi, N., Choi, H. and Nakano, Y.: Simplified Procedure to Predict Residual Displacement of R/C Structures Based on Earthquake Response Spectra, Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.43, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo, pp.47-56, Mar. 2010

迫田丈志,青木孝義,岸本一蔵,高橋典之,松井智哉:2009年4月6日イタリア・ラクイラ地震による建築物の被害(その1)活動目的・調査概要・被害分類,日本地震工学会大会2009梗概集,pp.262-263,東京,2009年11月

松井智哉,青木孝義,岸本一蔵,迫田丈志,高橋典之:2009年4月6日イタリア・ラクイラ地震による建築物の被害(その2)RC住宅の個別詳細調査,日本地震工学会大会2009梗概集,pp.264-265,東京,2009年11月

青木孝義,岸本一蔵,迫田丈志,高橋典之,松井智哉:2009年4月6日イタリア・ラクイラ地震による建築物の被害(その3)教会堂の被災状況と応急処置,日本地震工学会大会2009梗概集,pp.266-267,東京,2009年11月

高橋典之,塩原等,中埜良昭:ごみ焼却施設の処理能力に応じた重要度係数,日本地震工学会大会2009梗概集,pp.274-275,東京,2009年11月

崔琥,晉沂雄,高橋典之,中埜良昭:無補強組積造壁を含むRC造架構の静的および動的載荷実験(その5)静的載荷実験の概要および結果,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.907-908,仙台,2009年8月

晉沂雄,崔琥,高橋典之,中埜良昭:無補強組積造壁を含むRC造架構の静的および動的載荷実験(その6)梁変形の有無による架構の最大耐力の検討,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.909-910,仙台,2009年8月

桑原里紗,高橋典之,崔琥,中埜良昭:RC 構造物における地震応答終了時の残留変位の評価法に関する解析的研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.527-528,仙台,2009年8月

高橋絵里,高橋典之,中埜良昭:鉄筋コンクリート部材のひび割れ量進展過程に関する実験的研究 その4 ひび割れ量進展過程の分析,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.169-170,仙台,2009年8月

高橋典之,高橋絵里,中埜良昭:鉄筋コンクリート部材のひび割れ量進展過程に関する実験的研究 その5 表面仕上げによるひび割れ量への影響,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),C-2,pp.171-172,仙台,2009年8月

高橋絵里,高橋典之,中埜良昭:鉄筋コンクリート部材のひび割れ量進展過程に関する実験的研究 その3 実験結果,日本地震工学会大会2008梗概集,pp.42-43,仙台,2008年11月

高橋典之,中埜良昭,青木孝義:歴史的建築物の常時微動測定に基づく振動特性評価 その2 アウグスタ飛行船格納庫(鉄筋コンクリート造建築)の振動特性評価,日本地震工学会大会2008梗概集,pp.8-9,仙台,2008年11月

桑原里紗,高橋典之,崔琥,中埜良昭:弾性応答スペクトルを用いた残留変位の推定,日本地震工学会大会2008梗概集,pp.6-7,仙台,2008年11月

崔琥,晉沂雄,中埜良昭,高橋典之:無補強組積造壁を含むRC造架構の静的および動的載荷実験(その3)縮小ブロックの要素試験,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),C-2,pp.989-990,広島,2008年9月

晉沂雄,崔琥,中埜良昭,高橋典之:無補強組積造壁を含むRC造架構の静的および動的載荷実験(その4)縮小試験体の設計,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),C-2,pp.991-992, 広島,2008年9月

桑原里紗,高橋典之,中埜良昭:地震後の残留変位に着目したRC構造物の修復性能評価に関する解析的研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),C-2,pp.261-262, 広島,2008年9月

高橋典之,高橋絵里,中埜良昭:鉄筋コンクリート部材のひび割れ量進展過程に関する実験的研究 その1 試験体および載荷計画,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),C-2,pp.499-500,広島,2008年9月

高橋絵里,高橋典之,中埜良昭:鉄筋コンクリート部材のひび割れ量進展過程に関する実験的研究 その2 ひび割れ量計測方法,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国),C-2,pp.501-502,広島,2008年9月

晉沂雄,高橋典之,崔琥,中埜良昭:RC造架構に内蔵された無補強コンクリートブロック造壁の地震時損傷パターン,日本地震工学会大会2007梗概集,pp.244-245, 東京,2007年11月

高橋典之,中埜良昭,青木孝義:歴史的建築物の常時微動測定に基づく振動特性評価 その1 ヴィコフォルテ教会堂(組積造建築)の振動特性評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),C-2,pp.881-882,福岡,2007年8月

晉沂雄,崔琥,中埜良昭,高橋典之:無補強組積造壁を含むRC造架構の静的および動的載荷実験(その1)縮小試験体の計画,日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),C-2,pp.909-910,福岡,2007年8月

崔琥,晉沂雄,中埜良昭,高橋典之:無補強組積造壁を含むRC造架構の静的および動的載荷実験(その2)縮小ブロックの製作,日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),C-2,pp.911-912, 福岡,2007年8月

桑原里紗,高橋典之,中埜良昭:RC構造物の非線形地震応答解析に基づく残存耐震性能評価の検討,日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),C-2,pp.751-752, 福岡,2007年8月

朴珍和,中埜良昭,高橋典之:ニューラルネットワークを用いた履歴推定手法のRC部材を対象とする擬似動的実験への適用,日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),C-2,pp.749-750, 福岡,2007年8月

Nakano, Y., Choi, H. and Takahashi, N.: Residual Seismic Capacity Estimation of RC Frames with Concrete Block Infill based on their Crack Widths, Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.40, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo, pp.15-24, Mar. 2007

Takahashi, N., Nakano, Y. and Shiohara, H.: Reparability Demand Spectrum of R/C Structures due to the Life Cycle Seismic Loss, Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.40, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo, pp.25-32, Mar. 2007

高橋典之,山内成人,古田直行,中埜良昭:外装材取付金具の変形追従性能確認実験,生産研究,Vol.58,No.6,pp.489-492,DOI:10.11188/seisankenkyu.58.489,2006年11月

崔琥,中埜良昭,高橋典之:残留ひび割れ幅に着目した組積造壁を有するRC造架構の残存耐震性能の評価,生産研究,Vol.58,No.6,pp.493-496,DOI:10.11188/seisankenkyu.58.493,2006年11月

高橋典之,太田行孝,中埜良昭,田子茂,柳敏幸:中低層壁式鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価に関する研究(その1)検討対象建物の概要および静的な手法による耐震性能の評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.771-772,横浜,2006年9月

太田行孝,中埜良昭,高橋典之,田子茂,望月滋人:中低層壁式鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価に関する研究(その2)動的な手法による耐震性能の評価,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.773-774,横浜,2006年9月

徳井紀子,高橋典之,中埜良昭:高靭性繊維補強セメント複合材料を用いた超小型模型試験体による簡易震動実験手法の開発 その8 超小型試験体の履歴推定手法,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),C-2,pp.705-706, 横浜,2006年9月

朴珍和,中埜良昭,高橋典之:ニューラルネットワークによる非線形履歴学習を用いたサブストラクチャ法に基づくRC建物の地震応答推定に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),B-1,pp.311-312, 横浜,2006年9月

Choi, H., Nakano, Y. and Takahashi, N.: Residual Seismic Capacity of RC Frames with Unreinforced Block Wall based on their Crack Widths, Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.39, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo, pp.33-48, Mar. 2006

Tokui, N., Nakano, Y. and Takahashi, N.: Analytical study on behavior of extremely small scaled RC models under seismic loadings, Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.39, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo, pp.49-58, Mar. 2006

高橋典之,中埜良昭,塩原等:RC構造物の安全限界状態と耐震修復性能評価との関係,日本地震工学会大会2005梗概集,pp.182-183,京都,2005年11月

朴珍和,中埜良昭,高橋典之:ニューラルネットワークを用いたRC部材の地震応答履歴推定手法の高速化・高精度化に関する検討,日本地震工学会大会2005梗概集,pp.472-473,京都,2005年11月

キムキョンミン,塩原等,高橋典之:鉄筋コンクリート部材の損傷量指標モデルによる損傷量推定方法に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,C-2,pp.699-700,東大阪,2005年8月

高橋典之,塩原等,中埜良昭:RC構造物の長期的耐震修復性能評価における地震動発生順序に関する検討,日本建築学会大会梗概集(近畿),C-2,pp.701-702,東大阪,2005年8月

崔琥,中埜良昭,高橋典之:無補強組積造壁を有する鉄筋コンクリート造架構の耐震性能評価 その4 コンクリートブロック造壁のひび割れ発生メカニズム,日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿),C-2,pp.827-828,東大阪,2005年8月

徳井紀子,境有紀,真田靖士,高橋典之,中埜良昭:高靭性繊維補強セメント複合材料を用いた超小型模型試験体による簡易震動実験手法の開発 その6 超小型模型試験体の履歴コントロール,日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿),C-2,pp.437-438, 東大阪,2005年8月

高橋典之,山田泰史,塩原等:耐震修復性能設計のための定常過程によるライフサイクル地震動の検討,日本地震工学会大会2004梗概集,pp.206-207,東京,2005年1月

高橋典之,塩原等:鉄筋コンクリート構造物の耐震修復性能評価における損傷評価手法,日本地震工学会大会2004梗概集,pp.110-111,東京,2005年1月

大迫一徳,山田泰史,高橋典之,塩原等:埋設型定着具を有するプレストレストコンクリート外部柱梁接合部の性能確認実験(その1),日本建築学会大会梗概集(北海道),C-2,pp.833-834,札幌,2004年8月

山田泰史,高橋典之,大迫一徳,塩原等:埋設型定着具を有するプレストレストコンクリート外部柱梁接合部の性能確認実験(その2),日本建築学会大会梗概集(北海道),C-2,pp.835-836,札幌,2004年8月

高橋典之,塩原等:RC建物の耐震修復性能設計におけるライフサイクル地震動シナリオの適用に関する検討,日本建築学会大会梗概集(北海道),C-2,pp.727-728,札幌,2004年8月

高橋典之,塩原等:ライフサイクル耐震修復経費に与える地震動発生順序の影響,日本地震工学会大会2003梗概集,pp.86-87,横浜,2003年11月

朴哲敏,高橋典之,塩原等:RC建物のライフサイクル耐震修復経費に及ぼす地震動シナリオの影響 (その1 ライフサイクルを考慮した地震動シナリオについて),日本建築学会大会梗概集(東海),C-2,pp.973-974,春日井,2003年9月

高橋典之,朴哲敏,塩原等:RC建物のライフサイクル耐震修復経費に及ぼす地震動シナリオの影響 (その2 供用期間に応じた地震動の組合せによる影響),日本建築学会大会梗概集(東海),C-2,pp.975-976,春日井,2003年9月

キムキョンミン,川久保樹,高橋典之,塩原等:RC建物のライフサイクル耐震修復経費に及ぼす非構造部材要素の影響 (その1 耐震修復経費指標算出手順),日本建築学会大会梗概集(東海),C-2,pp.977-978,春日井,2003年9月

川久保樹,キムキョンミン,高橋典之,塩原等:RC建物のライフサイクル耐震修復経費に及ぼす非構造部材要素の影響 (その2 非構造部材要素のライフサイクル耐震修復経費指標算出結果),日本建築学会大会梗概集(東海),C-2,pp.979-980,春日井,2003年9月

本村一成,高橋典之,塩原等:粘性ダンパーの減衰効果に及ぼす構造物と地盤の相互作用の影響,日本建築学会大会学術講演梗概集,B-2,pp.751-752,春日井,2003年9月

高橋典之,塩原等,小谷俊介:鉄筋コンクリート建物の補修シナリオを考慮したライフサイクル耐震修復経費,第73回日本建築学会関東支部研究発表会(2002),pp.351-354,東京,2003年3月

塩原等,高橋典之,小谷俊介:鉄筋コンクリート建物のライフサイクル修復経費に及ぼす地震損傷の累積効果 (その1 修復経費指標算出手順の提案),日本建築学会大会梗概集(北陸),C-2,pp.961-962,金沢,2002年8月

高橋典之,塩原等,小谷俊介:鉄筋コンクリート建物のライフサイクル修復経費に及ぼす地震損傷の累積効果 (その2 地震による損傷の累積効果の検討),日本建築学会大会梗概集(北陸),C-2,pp.963-964,金沢,2002年8月

高橋典之,塩原等,小谷俊介:地震地域の鉄筋コンクリート建築物のライフサイクル修復経費,第一回日本地震工学研究発表・討論会梗概集,pp.267,東京,2001年11月

高橋典之,塩原等,小谷俊介:鉄筋コンクリート建築物のライフサイクル修復経費に及ぼす修復経費のモデル化の影響について,日本建築学会大会梗概集(関東),C-2,pp.621-622,東京,2001年9月

高橋典之,塩原等,小谷俊介:ライフサイクル修復経費指標による鉄筋コンクリート構造物の修復性評価,日本建築学会大会梗概集(東北),F-1,pp.1111-1112,郡山,2000年9月

著書・総説・その他
高橋典之:深層学習を用いた建物地震損傷評価技術の展望,青葉工業会ニュース,No.56,p.7,2020年4月

日本建築学会(分担執筆):鉄筋コンクリート部材の構造性能評価の現状と将来,2019年9月

高橋典之,大野卓志:市民の感じ方を知り地震対策の実効性を高める,日本地震工学会誌,No.37,pp.2-3,2019年6月

高橋典之,千田紘之:令和元年(2019年)山形県沖の地震被害調査速報,http://www.archi.tohoku.ac.jp/labs-pages/PBEE/research/20190618_YamagataEQ_TU.pdf,2019年6月

高橋典之:画像処理に基づく損傷量評価技術の構造実験への適用,コンクリート工学,Vol.56,No.9,pp.778-782,DOI:10.3151/coj.56.9_778, 2018年9月

日本建築学会(分担執筆):2016年熊本地震災害調査報告,2018年6月

高橋典之, 戸田穣, 中島伸, 樋山恭助 :グループディスカッション 5班「過去、現在、未来」,建築雑誌,Vol.132,No.1705,pp.32-35,2017年12月

川添善行, 谷川竜一, 大森晃彦, 今井康博, 西原直枝, 藤田香織, 有岡三恵, 小林光, 中島伸, 北垣亮馬, 樋山恭助, いしまるあきこ, 大村紋子, 土屋直子, 前田昌弘, 夏目康子, 宮田征門, 高橋典之, 羽鳥達也, 壁谷澤寿一, 戸田穣, 樋本圭佑, 馨高裕治, 中山英之, 川久保俊, 一ノ瀬雅之, 山田常圭, 大岡龍三:総括討論 次の未来に向けて,建築雑誌,Vol.132,No.1705,pp.36-41,2017年12月

いしまるあきこ,大村紋子,高橋典之,夏目康子:「図」と「字」-2 編集後記,建築雑誌,Vol.132,No.1702,pp.26-28,2017年9月

壁谷澤寿一, 北垣亮馬, 高橋典之, 聲高裕治, 土屋直子, 大村紋子, 西原直枝:熊本地震から見えてきたもの 主旨,建築雑誌,Vol.132,No.1697,p.4,2017年4月

日本建築学会,文教施設協会,熊本地震学校建築被災度判定WG(分担執筆):文教施設の耐震性能等に関する調査研究(平成28年度)報告書,2017年3月

高橋典之:建築をとりまく「選択と集中」 主旨,建築雑誌,Vol.132,No.1692,pp.6-7,2017年1月

神田順, 永野博, 山内隆司, 高橋典之, 川添善行:建築をとりまく「選択と集中」を考える 成熟社会において建築分野が目指す未来,建築雑誌,Vol.132,No.1692,pp.8-13,2017年1月

高橋典之:建築をとりまく「選択と集中」 編集後記,建築雑誌,Vol.132,No.1692,p.48,2017年1月

日本建築学会 鉄筋コンクリート部材性能小委員会(分担執筆):鉄筋コンクリート構造シンポジウム報告書(その3)規準・指針類に示されていないRC部材の構造性能,2017年1月

高橋典之:RC造建築物の地震時損傷評価 ②RC造建築構造部材の外力作用条件と損傷量評価,コンクリート工学,Vol.54,No.11,pp.1123-1128,DOI:10.3151/coj.54.11_1123, 2016年11月

高橋典之,長江拓也:平成28年(2016年)熊本地震被害調査速報,http://www.archi.tohoku.ac.jp/labs-pages/PBEE/research/20160508_KumamotoEQ.pdf,2016年5月

日本建築防災協会(分担執筆):震災建築物の被災度区分判定基準および復旧技術指針(2015年度改訂版),2016年3月

壁谷澤寿一, 北垣亮馬, 高橋典之, 谷川竜一, 樋本圭祐:災害対策研究の新しい起点 主旨,建築雑誌,Vol.131,No.1681,p.4,2016年3月

日本建築学会 鉄筋コンクリート部材性能小委員会(分担執筆):鉄筋コンクリート構造シンポジウム報告書(その2)RC基礎部材と上部構造部材における性能評価の現状と将来,2016年1月

東日本大震災合同調査報告書編集委員会(分担執筆):東日本大震災合同調査報告 建築編1 鉄筋コンクリート造建築物,2015年5月

日本建築防災協会(分担執筆):既存鉄筋コンクリート造煙突の耐震診断指針・同解説,2015年3月

日本建築学会 鉄筋コンクリート部材性能小委員会(分担執筆):鉄筋コンクリート構造シンポジウム報告書(その1)鉄筋コンクリート部材における性能評価の現状と将来,2015年1月

日本コンクリート工学会(分担執筆):コンクリート構造物のひび割れ進展評価手法に関する研究委員会 報告書,2013年7月

日本コンクリート工学会(分担執筆):東日本大震災に関する特別委員会 報告書,2013年3月

日本コンクリート工学会(分担執筆):耐久性力学に基づく収縮影響評価研究委員会 報告書,2012年10月

東京大学生産技術研究所 中埜研究室(分担執筆):2011年3月11日東北地方太平洋沖地震による建築物の地震被害および津波被害調査報告,http://sismo.iis.u-tokyo.ac.jp/Research.files/pp/11t1.pdf,2012年3月

高橋典之:東日本大震災における建築物の被害報告 Part 2 東京都の建物被害,建築技術,No.741,pp.172-173,2011年10月

日本建築学会(分担執筆):2011年東北地方太平洋沖地震災害調査速報,2011年7月

高橋典之,權淳日,中神宏昌:2009年12月伊豆半島東方沖群発地震被害調査(速報),建築防災,No.387,pp.37-51,2010年4月

高橋典之,権淳日,中神宏昌:2009年12月伊豆半島東方沖群発地震被害調査速報,http://sismo.iis.u-tokyo.ac.jp/Research.files/pp/09i1.pdf,2010年1月

青木孝義,岸本一蔵,迫田丈志,高橋典之,松井智哉:2009年4月6日イタリア・ラクイラ地震による建築物の被害調査,建築防災,No.380,pp.51-68,2009年9月

日本建築学会災害委員会(分担執筆):イタリア・ラクイラ地震に関する調査報告,日本建築学会大会 災害部門 報告会資料,2009年8月

日本建築学会災害委員会・初動調査団(分担執筆):イタリア中部地震(ラクイラ地震)調査報告,建築雑誌,Vol.124,No.1592,pp.104-106,2009年7月

川島一彦,アイダン オメール,青木孝義,岸本一蔵,小長井一男,迫田丈志,スベン P. テオドリ,高橋典之,松井智哉,八嶋厚:2009年4月イタリア・ラクイラ地震による被害報告の概要,震災予防,No.227,pp.1-53,2009年7月

青木孝義,岸本一蔵,迫田丈志,高橋典之,松井智哉 : 2009年4月6日イタリア・ラクイラ地震被害調査速報(建築チーム), http://sismo.iis.u-tokyo.ac.jp/Research.files/pp/09r1.pdf, 2009年4月

高橋典之:遠隔地実験施設を結ぶコンクリート系構造物のオンライン実験に関する研究動向,コンクリート工学,Vol.46,No.12,pp.56-62,2008年12月

高橋典之,崔琥,中埜良昭:平成19年(2007年)能登半島地震被害調査速報,http://sismo.iis.u-tokyo.ac.jp/Research.files/pp/07n1.pdf,2007年5月

日本建築学会(分担執筆):2006年ジャワ島中部地震災害調査報告,2007年2月

国立教育政策研究所文教施設研究センター(分担執筆):学校施設における非構造部材の耐震対策事例集,2005年12月

日本建築学会災害委員会(分担執筆):2000年新島・神津島近海地震による新島村の建築物の被害調査報告(速報),http://kouzou.cc.kogakuin.ac.jp/Saigai/niijima.pdf,2000年8月


=== 活動 ===

日本建築学会 卒業論文等顕彰事業委員会 委員,2021年12月-2023年11月

日本建築学会 RC構造性能評価法検討小委員会 委員,2021年4月-

日本建築学会 RC構造大会運営WG 主査,2021年4月-

中部電力 浜岡プロジェクト有識者委員会 委員,2020年12月-

日本建築学会 RC構造大会優秀発表賞選考WG 主査,2019年4月-2021年3月

日本建築学会 構造工学論文集編集小委員会 幹事,2019年4月-2023年3月

日本建築学会 RC構造運営委員会 委員,2019年4月-

17WCEE運営委員会 展示委員会 幹事長,2018年4月-2021年10月

日本建築学会 津波荷重小委員会 津波ハザードリスク評価WG 委員,2018年4月-2020年3月

日本建築学会 2018年度日本建築学会大会(東北)大会実行委員会 委員・懇親部会幹事,2017年6月-2019年5月

日本建築学会 2018年度日本建築学会大会(東北)大会委員会 委員,2017年6月-2019年5月

日本建築学会 東北支部 東北建築賞作品賞選考委員会 委員,2017年6月-2019年5月

日本建築学会 東北支部 支部監事,2017年6月-2019年5月

日本地震工学会 会誌編集委員会 委員,2017年4月-2019年6月

日本建築学会 RC構造大会活性化WG 幹事,2017年4月-2019年3月

中部電力 浜岡プロジェクト有識者委員会 委員,2016年10月-2019年8月

日本コンクリート工学会 コンクリート工学年次大会2017(仙台)実行委員会キングオブコンクリート部会 委員,2016年9月-2017年8月

日本建築学会 会誌編集委員会 委員,2015年6月-2017年5月

日本建築学会 東北支部 常議員,2015年6月-2017年5月

日本建築学会 鉄筋コンクリート部材性能小委員会 委員,2014年4月-2021年3月

日本コンクリート工学会 サステナビリティ委員会 委員,2014年4月-2020年3月

日本建築学会 劣化と損傷を考慮した耐震設計と耐久設計の融合に関する特別研究委員会 委員,2014年4月-2016年3月

日本地震工学会 2013年度年次大会実行委員会 委員,2013年6月-2014年5月

日本コンクリート工学会 コンクリート工学年次論文査読委員会 委員,2012年10月-2014年9月

日本建築防災協会 震災建築物の被災度区分判定基準および復旧技術指針改定委員会 RC造部会 委員,2012年6月-2015年3月

日本地震工学会 2012年度年次大会実行委員会 委員,2012年6月-2013年5月

日本建築学会 東日本大震災調査復興支援本部 研究提言部会 委員,2012年4月-2013年3月

日本コンクリート工学会 東北地方太平洋沖地震に関する特別委員会 建築WG委員,2011年4月-2013年3月

日本コンクリート工学会 コンクリート構造物のひび割れ進展評価手法に関する研究委員会 委員,2011年4月-2013年3月

日本コンクリート工学協会(2011年4月より日本コンクリート工学会) 耐久性力学に基づく収縮影響評価研究委員会 委員,2010年4月-2012年3月

東京大学・東京工業大学・堀江建築工学研究所 耐震診断法の高度化に関する検討委員会 RC造部会 委員,2010年4月-2011年3月

建築研究所 「建築構造物の災害後の機能維持/早期回復を目指した構造性能評価システムの開発」実験実施WG 委員,2009年9月-2010年3月

東京大学シンポジウム「長周期地震動とその都市災害軽減」実行委員会 委員,2009年9月-2010年3月

日本建築防災協会 RC造煙突の耐震診断指針検討委員会 委員,2009年3月-2010年3月

日本建築防災協会 耐震診断法の高度化に関する検討委員会 RC造部会 委員,2008年12月-2010年3月

日本コンクリート工学協会 文献調査委員会 幹事,2008年4月-2009年3月

日本地震工学会 2007年度年次大会実行委員会 委員,2007年6月-2008年5月

日本コンクリート工学協会 文献調査委員会 委員,2007年4月-2008年3月

日本地震工学会 電子メディア委員会 幹事,2005年6月-2008年5月

国立教育政策研究所 学校施設の耐震化の促進に関する調査研究 委員,2005年7月-2008年3月

日本地震工学会 サーバーWG 委員,2001年1月-2003年5月


=== 担当研究課題等 ===

--代表--

東北電力株式会社 受託研究 (2018年度)
 「画像解析による原子力発電所RC躯体の損傷計測に関する研究」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(C)) 代表研究者(2018年度~2020年度)
 「外力作用条件が実大鉄筋コンクリート部材のひび割れ進展メカニズムに与える影響評価」

松井角平記念財団研究助成 代表研究者(2018年度)
 「組積造を含む混構造歴史的建造物の性能評価型耐震補強設計手法に関する研究」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(C)) 代表研究者(2015年度~2017年度)
 「載荷速度ファクターを取り入れた鉄筋コンクリート部材の損傷量評価手法の開発」

鴻池奨学財団研究助成 代表研究者(2012年度)
 「鉄筋コンクリート造建築構造部材の損傷量評価モデルの検証」

日本学術振興会 科学研究費 (若手研究(B)) 代表研究者(2011年度~2012年度)
 「崩壊機構の異なる鉄筋コンクリート造架構の損傷量進展過程に基づく構造性能定量化」

トステム建材産業振興財団研究助成 代表研究者(2009年度~2010年度)
 「次世代型長寿命建築物の耐震ランニングコスト算定手法の開発」

文部科学省 科学研究費 (若手研究(B)) 代表研究者(2007年度~2008年度)
 「鉄筋コンクリート柱部材の地震時ひび割れ量進展過程における動的効果の解明」

トステム建材産業振興財団研究助成 代表研究者(2006年度~2008年度)
 「非構造帳壁の地震時破壊メカニズムに基づく損傷量推定手法に関する研究」

生産技術研究奨励会 三好研究助成金 代表研究者(2006年度)
 「Seismic Loss Estimation Methodologyの耐震設計法への活用方針に関する調査」

--分担--

大林財団研究助成 分担研究者(2021年度~2022年度) (代表研究者:石田泰之)
 「猛暑・洪水・強風適応型都市の創出に資するピロティ空間の功罪の総合評価手法の開発」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(A)) 分担研究者(2020年度~2023年度) (代表研究者:岡崎太一郎)
 「鋼構造建築物の倒壊挙動に対する予測技術と性能評価技術の高度化」

日本学術振興会 科学研究費 (挑戦的研究(開拓)) 分担研究者(2019年度~2021年度) (代表研究者:長江拓也)
 「地震被災建物の非構造材の動作計測と画像解析に基づく即時応急危険度判定技術の構築」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(B)) 分担研究者(2019年度~2021年度) (代表研究者:楠原文雄)
 「地震により損傷した柱梁接合部を含む鉄筋コンクリート造骨組の残存耐震性能評価法」

日本学術振興会 二国間交流事業 日本側参加者 (2018年度~2020年度) (日本側代表者:岡崎太一郎)
 「画像処理技術を応用した震災建築物の応急危険度判定技術の開発」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(B)) 分担研究者(2017年度~2019年度) (代表研究者:岡崎太一郎)
 「倒壊にいたるまでの性能を考慮した鋼構造建築物の耐震設計法の確立」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(C)) 分担研究者(2017年度~2019年度) (代表研究者:梶原浩一)
 「外装材挙動を利用する損傷モニタリングのためのMEMS技術開発と振動台実験」

科学技術振興機構 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS) 共同研究者(2016年度~2021年度) (代表研究者:青木孝義)
 「ブータンにおける組積造建築の地震リスク評価と減災技術の開発」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(S)) 分担研究者(2016年度~2020年度) (代表研究者:青木孝義)
 「歴史的建造物のオーセンティシティと耐震性確保のための保存再生技術の開発」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(A)) 分担研究者(2016年度) (代表研究者:青木孝義)
 「北地中海地域における文化遺産建築の構造・材料と修復・補強に関する調査研究」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(B)) 分担研究者(2014年度~2016年度) (代表研究者:西脇智哉)
 「メンテナンスフリーRC構造物を実現する自己修復FRCCの開発と適用」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(C)) 分担研究者(2014年度~2016年度) (代表研究者:松宮智央)
 「中低層鉄骨造建物の崩壊余裕度と評価手法に関する基礎研究」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(C)) 分担研究者(2014年度~2015年度) (代表研究者:長江拓也)
 「コンクリート系建物の終局限界に対する確率論的性能評価法の展開」

東北大学災害科国際研究所 特定プロジェクト共同研究(研究種目A) 分担研究者(2012年度~2013年度)(代表研究者:西田哲也)
 「津波荷重評価に基づく建築物の耐津波性能および被災度区分判定技術の確立」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(A)) 分担研究者(2012年度) (代表研究者:中埜良昭)
 「建築物に作用する津波荷重の定量化とその耐津波性能の向上に関する総合的研究」

平和中島財団 国際学術研究助成 共同研究者(2010年度~2011年度) (代表研究者:青木孝義)
 「ラクイラ地震により被害を受けた文化遺産建築の修復・補強に関する国際学術共同研究」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(A)(海外)) 分担研究者(2010年度~2013年度) (代表研究者:青木孝義)
 「ラクイラ震災被害における文化遺産建築の修復・補強と保護に関する調査・研究」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(B)) 分担研究者(2009年度~2011年度) (代表研究者:中埜良昭)
 「面外挙動と梁の変形拘束を考慮したURM壁付きRC建物の被災度判定手法の実用化研究」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(A)(海外)) 分担研究者(2006年度~2008年度) (代表研究者:青木孝義)
 「イタリアにおける歴史的な組積造建築とRC建築の構造・材料と修復に関する調査」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(B)) 分担研究者(2006年度~2008年度) (代表研究者:中埜良昭)
 「無補強組積造壁を含むRC造建築物の残存耐震性能の定量的評価に関する実験的研究」

国土交通省 住宅・建築関連先導技術開発助成 分担研究者(2006年度~2007年度) (代表研究者:塩原等)
 「制震機能内蔵の次世代型非構造部材の開発」

日本学術振興会 科学研究費 (基盤研究(B)) 分担研究者(2005年度) (代表研究者:中埜良昭)
 「偏心を有する不整形建築物のねじれ地震応答性状の評価と予測に関する研究」



=== 参加学協会 ===

日本建築学会
日本コンクリート工学会
日本地震工学会
Earthquake Engineering Research Institute (US)
日本免震構造協会
日本建築ドローン協会


=== 賞罰 ===

2022年 日本コンクリート工学会東北支部 論文賞
          "鉄筋コンクリート造文化財建造物の構造性能劣化度指標に関する考察"
          (共同受賞:佐藤圭裕)
2021年 日本建築学会 Japan Architectural Review Best Paper Award 2020
          "Optimal Structural Restoration of Historic Building in Japan
           Considering Life-cycle Seismic Loss Analysis"
          (共同受賞:片貝勇介,青木孝義)
2020年 日本コンクリート工学会東北支部 技術賞
          "画像処理に基づく損傷量評価技術の振動実験への適用"
2004年 日本コンクリート工学協会 日本コンクリート工学協会賞(奨励賞)
          "鉄筋コンクリート建物のライフサイクル耐震修復経費算出方法の開発(総合題目)"
2003年 日本コンクリート工学協会 年次論文奨励賞
          "鉄筋コンクリート建築構造物の耐震修復経費算出を目的とした損傷評価"
2002年 日本コンクリート工学協会 年次論文奨励賞
          "鉄筋コンクリート建物構成要素のライフサイクル修復経費に及ぼす影響"


=== 学生受賞 ===

2022年 日本建築学会 構造工学シンポジウム(建築部門)若手優秀発表賞|千田紘之
2021年 日本建築学会大会 鉄筋コンクリート構造部門 優秀発表賞|石橋詩織
2021年 日本建築学会大会 鉄筋コンクリート構造部門 優秀発表賞|高橋賢作
2021年 日本建築学会 優秀卒業論文賞|山田朋幸
2021年 日本建築学会 構造工学シンポジウム(建築部門)若手優秀発表賞|耳塚友貴
2021年 東北大学 総長賞|山田朋幸
2020年 日本建築学会 優秀修士論文賞|千田紘之
2020年 東北大学大学院 工学研究科 都市・建築学専攻 青葉賞(修士論文)|千田紘之
2020年 東北大学 工学部 工学部長賞|高橋賢作
2019年 日本コンクリート工学会東北支部 奨励賞|片貝勇介
2018年 日本建築学会大会 木質構造部門 優秀発表賞|千田紘之
2018年 日本建築学会 優秀卒業論文賞|千田紘之
2018年 日本コンクリート工学会東北支部 奨励賞|鉢呂友惟
2017年 日本建築学会大会 鉄筋コンクリート構造部門 優秀発表賞|大貫かほり
2015年 日本コンクリート工学会 年次論文奨励賞|鈴木隆雄
2015年 日本建築学会大会 鉄筋コンクリート構造部門 優秀発表|鈴木隆雄