研究テーマ

本研究室では,巨大地震による大空間構造物及び高層建築物の倒壊メカニズムを解明し,巨大地震に対しても倒壊を防ぐ耐震設計法の確立を目指しています。

現在の主な研究テーマ

巨大地震を受ける鋼構造骨組の終局耐力設計法と倒壊防止システムの開発

鋼管杭の終局耐力評価と設計法の確立

鋼構造大空間構造物の耐震保有性能の高精度評価と設計法の確立

合成梁のスタッド接合部の補剛性能評価

上部構造・杭ー地盤系の地震応答性状の解明

ニュース

※新型コロナウィルス感染拡大を受けて,本学のBCPに基づき運営状況を調整しています。
詳しくは東北大学新型コロナウイルスBCP対応ガイド(www.bureau.tohoku.ac.jp/covid19BCP)をご覧ください。

2022.11.04
「アルバム」を更新
「研究業績」の著書を更新

2022.10.04
現在の主な研究テーマを更新

2022.09.28
「研究業績」の口頭発表論文を更新
「研究業績」の学術論文を更新
「研究業績」の受賞を更新

2022.09.02
「研究業績」の「シンポジウム論文等」を更新
【セコム科学技術振興財団 一般研究助成 研究者インタビュー】に掲載されました(https://www.secomzaidan.jp/ippan/interview/location/kimura/

→ニュース更新履歴についてはこちら