Publications

HOME > Publication
2006年以降
随時更新
2005
新建築 2005 8月
特集記事  ―集合住宅ばんざい−21世紀版住宅双六と集合住宅―

「オルタナティブ・モダン−建築の自由をひらくもの」 2005 大林組
―建築の現在/オルタナティブ・モダンとは? アクティビティって何ですか?― 

―錬金術か航海術か―

「せんだいメディアテーク コンセプトブック」 2005 NTT出版
せんだいメディアテーク・プロジェクトチーム 編

「プロジェクト・ブック」 2005 彰国社
阿部仁史・小野田泰明・本江正茂・堀口徹 編著 設
2003
JA 2003 4月
Arai Public Housing

JA  −office urbanism− 2003 7月
エッセイ  ―メガフロア上のバタフライ―

「Kumamoto Artpolis Architecture through Communication」 2003
The Japan Foundation ―Reihoku Community Hall―
2002
日経アーキテクチュア 2002 8月 苓北町民ホール
建築文化 2002 10月

苓北町民ホール

新建築 2002 2月

連続論文企画  
―説明可能態としての建築をどこまで拡張できるのか?―

新建築 2002 7月

せんだい演劇工房 10-BOX

「ビジュアル版建築入門 建築の言語」 2002 彰国社
―ダイヤグラム 再春館製薬女子寮ほか―

新建築 2001 3月
特集 せんだいメディアテーク  ―コミュニケーション可能態としての建築へ―

音楽空間への誘い コンサートホールの楽しみ」 2002 鹿島出版会
日本建築学会 編
―音楽ホールの楽しみ方 ロス流、クラシックコンサート―
2001
新建築 2001 3月
特集 せんだいメディアテーク  ―コミュニケーション可能態としての建築へ―

音楽空間への誘い コンサートホールの楽しみ」 2002 鹿島出版会
日本建築学会 編
―音楽ホールの楽しみ方 ロス流、クラシックコンサート―

新建築 2001 12月
連載 研究室レポート 

case08 東北大学建築計画研究室 ―建築計画の地平から―
10+1 都市の境界/建築の境界 2001 10月
エッセイ  ―領域/公共圏 阿部仁史+小野田泰明の思索/活動から―

「空間から状況へ−10 City Profiles from 10 Young Architects」
2001 TOTO出版
―集積:建築はいかに社会と接点をもつのか?―
2000
「地域に生きる劇場」 2000 芸団協出版会
衛紀章・本杉省三 編著
―劇場がひとをつくり、ひとが劇場をつくる―  ―小さなまちの大きな試み 演劇をとおして現代によみがえるフォークロア―
1999
文明と文化の視角−進化社会の文化経済学」 1999 東海大学出版会
佐々木晃彦 編著
―地域活性化と舞台芸術施設―
1996
日経アーキテクチュア 1996 9月
丘の家−仙台基督教育児院養護施設
1995
地域施設の計画 21世紀に向けた生活環境の創造」 1995 丸善株式会社
日本建築学会 編